医療保険と子宮筋腫

子宮筋腫ありで医療保険お断り?保険加入についてみんなの知りたい事

がん検診を受けたり、健康診断を受けたりする中で、子宮筋腫が見つかることはままありますが、その見つかった筋腫が、たとえたった1cm程度の大きさであったとしても、医療保険お断りを申しつけられることを、あなたは知っていますか?

たった1cmであろうとも、筋腫は筋腫。病気持ちでは加入は難しいと言われ、保険加入をお断りされた事例はよくありますが、実はこれ、子宮筋腫が見つかり、その筋腫が直ぐに取らなければならないものかどうかを調べてみて、そのままで問題ないと医師から断言されたものであっても、保険に入れないのです。

ほとんどの保険会社が医療保険に子宮筋腫持ちであると、加入その者が出来なくなっており、時折子宮筋腫とその他女性器の疾患以外でならば引き受けOKとするところもありますが、基本的に子宮筋腫を持っていればどちらにせよ加入は断られるのが当たり前と考えた方がいいでしょう。ではそれは一体なぜなのでしょうか?

子宮筋腫というものは、女性ホルモンが分泌されていれば徐々に放っておいても育っていってしまうものです。つまり、閉経までの間、何もそれを止める要因が無ければ、育ち続けるという前提がもう存在してしまっているのです。そのため確実にいずれはですが、手術をして、筋腫を摘出しなければならないと決まっている病気との認識が、存在しているわけです。実際に放っておいて40cmの筋腫になった、などという記録さえ残っています。

ただし、子宮筋腫を摘出してから5年経ち、この人は完治したと医師からの判断が降りたものについてはこの限りではありませんので、医療保険に加入出来るので、一度子宮筋腫だと言われたからと、医療保険加入を諦める必要はありません。時期を待って、それから加入をお勧めします。

関連項目
子宮筋腫摘出から一転、子宮肉腫だった!?子供は産めるよね?