子宮筋腫 別の病気

子宮筋腫で腰痛が酷い、けれど別の病気の可能性は?可能性を考える!

症状のそれの一つとして、子宮筋腫に腰痛があるわけですが、症状がこれだ!とズバリ分かりやすく出るわけではないため、検査もせずに子宮筋腫かそうでないかは決めにくいものがあります。気になるならば、病院へ検査に行くように、とお勧めするところですが、実際に病気だったら怖いじゃないですか!という声も分かるために、中々そう軽く病院を勧めることも難しくはあるところ。ですがもしも、その腰痛が子宮筋腫によるものではなかったとしたら、どうでしょうか?今までのように、本当に放っておけますか?

子宮筋腫の症状の一つとしての腰痛は、腰がズキズキ痛くなってくるものや、ずくずくと疼くように、じわじわと痛むものなど様々あります。矢張り筋腫の出来ている場所により、痛みの程度や具合も変わってくるため、そこは仕方ないことなのでしょう。一概にこうとは決められません。

そうして腰痛による痛みがあるものの、病院に中々行かない女性達がいますが、そこで「最近生理不順だから、もしかしたら子宮筋腫だからその所為で腰痛?」と、自己診断で勝手に決めてしまう方がいます。ですがそれは間違いですよ。何故なら腰痛を症状の一つとして持っている病気というものは、子宮筋腫だけではないのですから。

椎間板ヘルニアもその一つですが、これは脊椎骨の間の軟骨、これがぐにゃりと何かの拍子に元の位置からはみ出るようにずれてしまうことにより、神経などを圧迫することによる腰痛を引き起こすものです。脊椎分離症・すべり症、これもヘルニアと似ていますが、こちらは骨の一部が分離してしまう分離症、そして前に滑ってしまうことがある、これがすべり症と言います。これら三つは全て激しい運動などにより生まれる病気ですが、ヘルニアは、一定年齢になると軟骨がすり減ることでなるとも言われており、一般的な人でも決してなることはないと言いきれない病気です。

他にも幾つかありますが、内臓疾患などにより腰痛は起こるものでもあります。ですから子宮筋腫であると決めつけてしまわず、まずは総合内科の受診から始めてみてはいかがでしょうか?思わぬところで命拾いした、なんてことになるかもしれませんよ。