子宮筋腫 がん保険

がん保険加入お断り!?子宮筋腫を持っていると弾かれるって本当?

医療保険加入をしたいと思う年代というものは、若いから大丈夫と言って、二十代の方がたは進んで入る方は少ないものですが、三十代くらいから上の方は積極的に入る様にしていますね。それと同じくがん保険加入も三十代くらいから入りたいと望む方が増えるものです。それよりも歳が上で加入すると、月々の費用がかかるようになってしまうため、なるべく若いうちに入っておこうか、など思うわけです。

ですが昨今若いうち――それも三十前には子宮筋腫になる女性が増えており、医療保険加入が難しいと叫ばれていますね。(その理由は関連項目を参照ください)

関連項目
子宮筋腫ありで医療保険お断り?保険加入についてみんなの知りたい事

子宮筋腫持ちであるとなると医療保険加入が難しいように、同じくがん保険加入も難しく出来ています。何故ならば、子宮筋腫は子宮肉腫であるかどうかの判断がつきにくく、それこそ開腹手術をしてみて初めて分かった、なんてこともざらです。つまり、子宮筋腫が出来てしまった方は、子宮にがんを抱えている可能性があると判断されてしまうわけです。

既にがんになっている方が、がん保険加入はまず無理なのと同じように、子宮筋腫も肉腫である可能性がある限り、がん保険の加入が無理というわけですね。

女性である限り子宮筋腫は気をつけていても出来てしまうものです。男性とは違い、ここが厄介ですが、ホルモンバランスが崩れているほどなりやすいため、ホルモンを正常な値に保ち続けることで、少しでもその可能性を減らす事を考え生活をしてみましょう。