子宮筋腫の原因

子宮筋腫はどうして出来るの?妊婦なのに取らない?原因が知りたい!

子宮と言うのは内側に粘膜があり、ここに妊娠すれば赤ちゃんが住むことになります。そしてそれを包むように筋組織でがっちりガードをしていて、しょう膜というもので更にその筋肉を覆ってあるのです。これらの三構造で出来上がっているのが子宮です。粘膜は赤ちゃんのベッドの役割を果たすところですね。受精卵が着床する場所のことです。ですから、生理はこれが妊娠しなかった場合、はがれ落ちて子宮外に出て来るもの、これが月経です。

女性ホルモンの影響を受けてその子宮を構築する筋組織が細胞単位で増殖してしまったり、大きくなってしまった時に起こる病気のことを、子宮筋腫と言います。女性ホルモンが何らかの理由により、多量に分泌されてしまった、もしくは女性ホルモンに対し、感受性が強い場合に筋組織に働きかける割合が強くなり、筋肉の中で筋腫が生まれてしまうのです。

ですからこれを何らかの方法で防ぐことも出来ませんし、子宮筋腫が出来てしまった場合は、縮小するのを待つことも出来ません。放っておくだけで勝手に年々大きくなっていくものだからです。何故ならば女性である以上、女性ホルモンの分泌は免れないことであるため、どうしようもないことなのです。そもそも30代女性であれば、3人に1人は確実に子宮筋腫を持っていると言われています。ですから最早これは女性である以上逃れられない病気と割り切ってしまうよりないのです。

ですが原因は女性ホルモンということですので、先ほど縮小はしないと書きましたが、縮小は時間がたてばするでしょう。つまり、女性ホルモンが分泌されない時期が来てしまえば、子宮筋腫は大きくなることなく、次第に小さくなっていくのです。つまり、閉経してしまえば子宮筋腫は治るということですね。

けれどそれまで子宮筋腫を抱えているわけにもいきません。この子宮筋腫により妊娠がしにくくなるという場合もありますので、医師の診断に任せ、医師が切除すべきといった場合は取り除くべきでしょう。ですが決して不安視しなくとも良いでしょう。子宮筋腫を切除してしまえば、どこか体調がおかしいと感じていた違和感などが消え去り、身体が軽く感じるはずです。