子宮筋腫合併症とは

高齢出産のリスク、子宮筋腫合併妊娠って何?たった3分で理解する!

あなたは現在おいくつでしょうか?高齢出産のリスクのなかには、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍の合併の頻度が高くなる傾向にあります。妊娠をして子宮筋腫が合併してしまった場合、妊娠経過中及び分娩時、そして産褥期に障害が起こるリスクを伴うのです。
(⇒妊婦なのに摘出不可?何故なのか?

この子宮筋腫合併妊娠とは、どのように発見されるのでしょうか?この子宮筋腫合併妊娠は、妊娠検診などで分かることが多いです。ですが必ずしも出産の妨げになると決まっているわけではありません。深刻な状況をもたらすと決まっているわけでもありません。

これは一般的な話しですが、子宮筋腫合併妊娠では、流産、早産、前期破水、骨盤位、胎位異常、常位胎盤早期剥離などなど、産科合併症が増加すると言われています。分娩する時には、産道通過障害、そして微弱陣痛の原因となってしまい、帝王切開が必要になる確率が増すのもネック。勿論帝王切開が必ず必要なわけではありません。ただ、分娩時、可也の確率で出血量増加が考えられるため、リスク回避によってそうなるだろうということですね。

産じょく期では筋腫から子宮復古が妨げられることが懸念されます。これにより産後出血のリスクもあり、感染や変性による痛み、そして発熱の原因になってしまうこともあるでしょう。

これだけ見るとリスクがぐんと上がる様に思われますが、人によっては自然分娩でも問題なく産めますし、リスクも無くすんなりといくこともあるので決して医師から通告を受けただけで落ち込まない様にしてください。自分のおかれている状況を正しく把握すること、これが肝心です。必ずそこは医師に確認しましょう。自分の場合はどんな風なのか、それを知ってお産に挑んでください。