子宮筋腫の初期症状

女性なら知りたい子宮筋腫について、初期症状ってどんなものなの?

私が子宮筋腫?まさか、まさかね……そう考えている女性は存外多いようですね。女性ならではの病気というものは、中々ナイーブな問題であるためか、今一歩病院に行くには決め手が無ければ中々行くのは難しいかな、そんなコメントをよく聞きます。それもそのはず、女性疾患と言えば、基本的に回されるのは婦人科ですから当然というもの。

確かに妊婦さんに混じってお腹が大きいわけでもない、未婚の若い女性なんかがいると「まさかあの人中絶?」そんな目で見られているんじゃないかと、気が気ではありません。歳を取ってから行くのでも勇気がいるのに若ければ尚更でしょう。ですが子宮筋腫になる年齢というのは、段々と低年齢化してきています。十代後半の未婚の方であっても、性行為をしたことのない女性であっても、子宮筋腫にはなりうるのです。

私が子宮筋腫だなんて、そう思い中々婦人科に足が向かないという方は、その初期症状を知ることでふんぎりをつけてみてはいかがでしょうか?なるべくでしたら発見は早いに越したことはありませんからね。

初期症状としてよく上げられるのは「生理の時、以前に比べ、血の量が増えた」「レバー上の塊が生理の血と共に出て来るようになった」「生理痛が以前に比べ、ひどくなった」「なんだか貧血なのかふらつくようになった」などです。特にレバー上の塊が出たら直ぐにも婦人科に行くべきでしょう。

何故ならば過去にこんな方がいました。レバー上の塊を暫く放っておいたら、半年後、その血の塊が拳大になってどろりと出てきたというのです。そしてそれが出て来てから十分もしないでその女性は救急車で緊急搬送されたと言われています。レバー上の塊が排出されるようになったあたりで、婦人科を受診していれば、このようなことは起こり得なかったわけです。

初期症状としてあげたものに少しでも気になるものがあった、もしくは当てはまったというのであれば、近いうちにでも結構です。婦人科を受診してください。病気はなんでも初期症状であるうちに叩いてしまうが吉ですよ。