子宮筋腫 治療 保険適用

子宮筋腫の治療って、手術と薬物療法にのみ保険適用?皆の知りたい事

子宮筋腫の治療は大きく分けて二通りありますね。薬物療法などによる、成長を遅くするための方法。もう一つが手術による筋腫の摘出です。その時出来る治療というものはその時々で変わってくるものですが、それのみで治療を考えられない時もあるでしょう。

やはり手術ともなればお金が必要です。薬物療法であってもそれは同様でしょう。となると矢張り金銭面で考えて、これは受けられる。これは受けられない。今は受けられる。今は駄目。そういったあなたの事情も絡んでくるはずです。ですが医療保険に加入していれば?問題はまた変わってくるはずでしょう。

関連項目
がん保険加入お断り!?子宮筋腫を持っていると弾かれるって本当?
子宮筋腫ありで医療保険お断り?保険加入についてみんなの知りたい事

関連項目を読んでいただければわかるかと思いますが、子宮筋腫を患ってからでは医療保険もがん保険も加入は難しいでしょう。ですがその前の段階であれば、加入は簡単です。大きな傷病を患っていない限り、保険加入が出来ます。ですから女性疾患にかかる前に、もしくはそうした病気の診断がおりる前に保険の加入は済ませてしまうほうがよいでしょう。

若いうちであればがん保険も医療保険も支払い金額は安価です。ですが歳を取ってからがん保険加入をする、医療保険加入をするなどすると、どうしてもお高くついてしまう。ある意味ではいい機会ですのでこれを機に医療保険だけでも加入してしまうことをお勧めします。

さて、話しは戻りますが、子宮筋腫の治療に関わる医療保険の適用項目というものをお知らせします。現在医療保険で保険適用がなされ、お金がおりるものは以下になります。

:薬物療法による治療
:開腹手術などの従来から受けられた手術

そして逆にお金がおりてこない保険適用外のものも存在しますのでここをよく注意しておいてください。

:子宮動脈塞栓術
:集束超音波治療

これらは治療にかかる金銭の保険は適用されてきませんので、高額医療費控除の申請をするより他ありません。

関連項目
子宮筋腫の治療法、超音波から開腹手術まで様々、一体どれがいいの?