子宮筋腫 子宮肉腫

子宮筋腫摘出から一転、子宮肉腫だった!?子供は産めるよね?

健康診断で「ちょっと病院で検査をしてみたほうがいいかもしれない」、そう言われて総合病院へ向かったところ、そこでも総合内科から婦人科へと回され、何がなんだか分からないうちに、気がつけば「あなた、子宮筋腫ですよ」なんてことがあった。そんな女性が昨今増えているわけですが、それが一転、子宮肉腫ですよなんて言われたらぞっとしますね。そんなことになれば、妊娠はできる?出産はどうなの?出来るの?と、様々な疑問がわいてきて、そして不安から気が狂ってしまいそうになることでしょう。

子宮筋腫というものは、良性の腫瘍のことを言いますが、子宮肉腫というものは、子宮がんなどと同様に、悪性腫瘍となります。ですからぞっとしてしまうのも無理ありません。私は大丈夫なのだろうか?死なない?このままがんになったりしないかな?突如として降ってわいた病の文字に苦しむようになるわけですが、この場合、決して他人事ではありませんよ。

子宮筋腫は日本人女性であれば自覚していない人、自覚している人含め、3人に1人の確立で抱えている病気と言われています。そして子宮肉腫というものは、その子宮筋腫の中でも稀なものであるとは言われていますが、決してないものではならないとは言い切れないものなのです。

基本的に大半の場合は閉経後に発症するのが子宮肉腫という病気ですが、発症してしまったのであれば、それをがん肉腫にしないため、直ぐ様治療が始められます。そのため肉腫になってからの妊娠出産は子宮が残っているかいないかが鍵になってきますが、妊娠期間にそれが発覚した場合は、時期によりますが、分娩後の即時肉腫摘出手術になるでしょう。

たとえ肉腫でなくとも、10cmを越えるような子宮筋腫出会った場合も同様です。分娩後、これもまた即時摘出手術が行われます。ですからお子様はその肉腫の見つかった時期により、産めるか産めないかは変わってくることでしょう。子宮筋腫である方の肉腫である確率はわずか4%。ですがその4%になってしまったからといって、諦めないことです。

関連項目
良性の子宮筋腫だから大丈夫、そもそも子宮筋腫とは良性のものですよ