子宮筋腫で病院に行くときとは

デリケートな病気である子宮筋腫だからこそ、信頼できる病院を探そう

どんな病気や障害であっても、名医がいて設備が整っている病院はあります。しかし一番大事なのは、治療してくれる医師を信頼できるかです。それが世界一の名医と言われる方でも、片田舎の町のお医者さんであっても変わりません。そういう人に巡り合う事が、病気の克服への一番重要なポイントとなります。子宮筋腫も同じ事です。特に女性のデリケートな部分で、中々相談しにくい箇所でもあります。診断や話をしていく中で「この人なら全てを任せられる」そう思える人に治療してもらいましょう。

子宮筋腫の診断や治療は、婦人科や産婦人科のある病院で行われます。判断には内診や超音波検査が用いられます。

内診では膣から指を入れて、お腹の上に手を置いて行われます。子宮膣部や膀胱、直腸を探り子宮筋腫の検査をします。しかし内診では似たような病気の、子宮肉腫との区別が付きづらいと言ったデメリットがあります。子宮肉腫は悪性の腫瘍で他の部分に転位する事もあるので早期の治療が必要になります。内診で腫瘍があると判断された場合には、速やかに超音波検査を受けるようにしましょう。

超音波検査では膣から超音波の機会を入れて、子宮や卵巣を映し出します。そうする事によって1cm未満の小さな筋腫まで発見する事ができます。子宮筋腫には何種類かあり、粘膜下筋腫という子宮の外に向かって大きくなるタイプの筋腫があります。これには子宮鏡検査という方法も行われ、正確な位置や飛び出し方を診断します。

より正確な位置や大きさを診断する場合にはMRI検査を用いる場合もあります。これによって筋腫の大きさや数が正確に把握できます。しかしこれは手術を前提として行われる場合が多く、医師との相談が必要となってきます。

自覚症状がある場合は早急に専門医に相談する。信頼できる医師を見つけたら、密に相談して診断や治療を行う。子宮筋腫に限らず、どんな病気にも言える重要なポイントです。