腹痛や腰痛は子宮筋腫のサインかも

その腹痛や腰痛は子宮に腫瘍があるサインかもしれません

お腹が痛いので内科を受診したけど、問題ないと言われた。腰痛が酷いからマッサージを受けたけど良くならない・・・このような女性の方、婦人科健診は受けているでしょうか?実は女性特有の病気でも腹痛や腰痛が起る事が有ります。特に、子宮に出来た筋腫が原因だったと言う事が多い様です。

子宮筋腫と言う病気をご存知でしょうか?子宮筋腫とは初潮から閉経までの女性なら、誰でもなる可能性がある、子宮の周りにコブの様な物が出来る病気です。しかも、そのコブは子宮の周りなら何処にでも出来る可能性が有り、出来る場所により症状も様々なのです。筋腫が小さいと目立った症状は見られない事が多く、筋腫が大きくなるにつれ症状が出て来る事があります。生理時の出血量が増えたり、生理痛が酷くなったりする事が多い様ですが、大きくなった筋腫が他の臓器や神経を圧迫する事で、腹痛や腰痛を起こす場合があります。子宮筋腫は良性の腫瘍の為、直ぐに治療をしないと命に関わると言った病ではありませんが、子宮筋腫が原因で腹痛や腰痛が起っているようなら、治療の必要があります。

子宮筋腫はホルモン治療や漢方薬治療で筋腫を小さく出来る可能性はありますが、完治する為には手術が必要です。子宮筋腫だけを摘出する子宮筋腫核摘出手術だけでなく、今後妊娠を望まない場合や閉経が近い場合は子宮全摘手術も視野に入ってくる病気です。

婦人科はなかなか敷居の高い場所ですが、原因の解らない腹痛や腰痛の症状を感じる場合は、婦人科を受診してみましょう。