不妊と子宮筋腫の関係性

子宮筋腫で不妊に悩んでいたら対策を!笑顔で赤ちゃんを迎えよう

不妊の原因には、いくつもの要素あります。男性側に原因があったり、女性側に原因があったりと非常にデリケートで難しいものです。そんな不妊の原因の一つに子宮筋腫が挙げれれます。

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍で命に別条はありません。しかし放っておくと大きくなったり、数が多くなる事もあり不妊の原因ともなります。子宮筋腫が不妊の原因と言われているのは、受精卵が着床しにくくなるからです。

通常の子宮であれば問題なく受精卵が着床できる形も、筋腫によってデコボコになっていると着床がしづらくなってしまうからです。また子宮筋腫には何種類かあり、内側に大きくなる粘膜下筋腫だと、避妊リングを入れているのと同じような状態になってしまいます。また筋腫があると子宮が硬くなり、着床したとしても受精卵が、うまく成長できずに流産したり、早産になってしまう可能性もあります。

しかし筋腫があっても妊娠されている方は、たくさんいらっしゃいます。実際に妊娠後の検査で筋腫が発見されるケースもあります。妊娠後に筋腫が発見された場合は、経過観察や帝王切開での出産が行われます。

経過観察が行われ何もしないのは、妊娠する事によって子宮が柔らかくなり、出産や発育に影響のない場合が多いからです。手術が必要となるのは、出産に影響があるとされる場合です。子宮の入り口に筋腫がある場合は、自然分娩での出産は難しくなってしまいます。

そのような場合は帝王切開による手術が行われますが、筋腫自体の手術が行われるケースは稀です。これは筋腫が大きくても子宮が柔らかくなる事の方が多いからです。出産後に筋腫を取り除くかどうか判断する事になるでしょう。

子宮筋腫があっても妊娠されている方はいらっしゃいます。しかし不妊の原因の1つである事も確かです。不妊で悩まれている方で筋腫がある場合は、手術などで筋腫を取り除いてしまう方が良いでしょう。