子宮筋腫の変性とは

子宮筋腫が変性しているってどう言う事??

子宮筋腫の変性とは、コブの様な筋腫が大きくなるにつれ、栄養や酸素不足がおこり筋腫の状態が変わる事を言います。大きくなった子宮筋腫の殆どに見られる症状で珍しい事では有りません。子宮筋腫の変性は、組織や細胞が壊死する事で起こるのです。変性した筋腫は幾つかタイプがあり、硝子化、石灰化、赤色変性等があります。硝子化は、大きくなった筋腫の内部に栄養が行き渡らず壊死して、壊死した部分がガラスの様に固くなった状態を言います。閉経後の筋腫変性の多くに見られる石灰化は、筋腫にカルシウムが沈着し、筋腫が石のように固くなった状態です。赤色変性は妊娠中に多く見られる症状で、静脈が詰まって筋腫内で出血し、赤褐色に変わった状態です。

子宮筋腫が変性する事で、筋腫自体が小さくなり、手術の必要が無くなる人もいますが、子宮筋腫の変性が原因で痛みを感じる場合もあります。変性した筋腫は感染症や炎症を引き起こしやすく、投薬で改善が見られない場合は手術で切除した方が良いでしょう。妊娠中に子宮筋腫の変性が見られた場合は、変性から来る痛みで子宮収縮が起こりやすくなり、流産や早産、異常胎位のリスクが高くなるので、注意が必要です。筋腫の変性が胎児に害を及ぼす事はまれですが、変性した筋腫が細菌に感染し、二次感染として胎児に影響を及ぼす事はあります。

子宮筋腫が見つかったら、自身の筋腫の状態を把握しておく事が大切です。定期健診を欠かさず、おかしいな?と思う事があったら、直ぐに診察を受ける様、心がけましょう。