子宮筋腫だと貧血になりやすい?

子宮筋腫が原因の貧血は長く安心な道か、短く険しい道の2つしかない

貧血は、体内を流れる血液の量が少なくなると起きる状態の事を言います。貧血になると、めまいやだるさを覚えるだけでなく、肩こりになったり爪が割れたりします。貧血は男女問わず起きますが、特に女性に起きやすくなっています。これは月経で大量の血液を失ってしまうからです。子宮筋腫の方は、貧血になりやすい状態にあります。それは子宮筋腫の病気の症状が、月経に関する事が多いからなのです。

子宮筋腫とは子宮にできる良性のコブのような腫瘍です。命に別条はありませんが月経時に、激し生理痛を起こしたり、過多月経が起こったりします。過多月経になると通常の生理の時よりも、多くの血液が出ていきます。この状態が長く続くと貧血になってしまいます。

軽度の貧血なら良いのですが重度の貧血になると動く事も、ままならなくなってしまいます。子宮筋腫と診断された場合は、日々の生活の中で貧血にならないような対策をとらなければなりません。

一番有効的なのは、血液を作る鉄分を摂取する事です。鉄分が多く含まれる代表的な食べ物としてはレバーが挙げれます。またカキ・アサリ・シジミなどの貝類にも多く含まれています。ただしレバーはビタミンAも大量に含んでいますので、食べすぎには注意が必要です。レバニラなどレバーを取り過ぎずに、鉄分の多い食事を取るようにしましょう。

普段の食生活に気をつけてても、子宮筋腫の状態によっては血液が足りなくなる事があります。その場合には、経口薬や静脈注射によって鉄分を摂取する事になります。

子宮筋腫を持っていて、食事療法や薬物療法をしても貧血の状態が良くならない場合には手術によって子宮筋腫を切除しなければなりません。元を断たなければ、いつまで経っても良くならないからです。しかし手術は、危険も伴いますし不安も大きいと思います。普段からできる対策をするようにしましょう。