子宮筋腫が有っても保険は入れる?

子宮に筋腫が有っても、入れる保険ってあるの?

通常、保険は健康な人が万が一の場合に備えて入る為の物なので、子宮筋腫が発見されてからの加入となると、なかなか難しいと言えるでしょう。ただ、全く加入できないと言う訳では有りません。

子宮筋腫自体は、女性にとって、とてもポピュラーな病の一つですが、子宮筋腫の完治は現在手術しか有りません。手術となれば、入院期間も必要ですしね。また、手術で子宮筋腫を摘出しても、子宮筋腫は再発する事が多い病なので、保険会社にとって、子宮筋腫を持っている人は、リスクが高いと見るのです。

じゃ、子宮筋腫が有るのを隠して加入しちゃえ…と、子宮筋腫を隠して保険に加入した場合は、勿論、告知義務違反です。保険契約は解約されてしまうので、これは絶対に止めましょう。

では、子宮筋腫が発覚した後に入れる保険は…と言うと、子宮筋腫自体は命に関わる病気ではないので、死亡保障の保険には影響はありません。けれど、病気の保障では条件付きと成るでしょう。子宮筋腫は対象外とするとか、保険料が高くなると言った感じでしょう。

保険加入する為には病歴を元に診断書の提出が求められる場合が多く、子宮筋腫が発見される前と後だと、加入出来る保険の数がかなり違ってきます。終身タイプ・掛け捨てタイプ・更新タイプ等、様々な保険のタイプも有ります。今は数多くある保険会社を色々と比べて、一番本人に合った保険を組み立ててくれる会社も有りますし、それぞれの保険会社にプランナーも居ます。子宮筋腫が有る事をキチンと伝えて、どの様な保険が良いのか、相談するのも良いでしょう。