子宮筋腫には痛みがあるのか

子宮筋腫の痛みは女性特有の部分だけでない。体の異変を把握しよう

女性特有の症状が多く、子宮筋腫と診断されるまで気付かない事の方が多いです。成人女性の5人に1人は、子宮筋腫を持っていると言われています。子宮筋腫かもと思ったら、すぐに病院で診断してもらうようにしましょう。

子宮筋腫の症状としては、生理痛や過多月経などの女性特有のものが多いです。子宮はデリケートな部分で、ホルモンバランスが崩れたり体調が悪かったりすると、すぐに月経に影響が出てきます。ですので子宮筋腫ができていなくても生理痛や、過多月経になる場合もあり、筋腫が育っていると気付きにくい病気なのです。

しかし子宮筋腫ができると、それまでの症状とは違い痛みが激しかったり、血にレバー状の塊ができたり、生理後も痛みが続いたりします。そのような症状が長く続いた時は、子宮筋腫の可能性が高くなります。また月経時の痛みが激しい場合は、子宮内膜症や子宮腺筋症と言った他の病気である可能性もあります。

生理痛の痛みが激しい場合は、対処療法として痛みを和らげる薬が処方される場合があります。しかしこれは、あくまでも対処療法にしかすぎません。根本的な治療をしない限り、自然にはいつまで経っても子宮筋腫が完治する事はありえません。

他にも筋腫が骨盤や血管を圧迫する事によって、腰痛を引き起こす場合もあります。腰痛も一般的な生活をしていて、誰にでも起こりうる症状です。非常に分かりにくい子宮筋腫の症状ですが、体から発せられる危険シグナルを見落とさないようにする事が大切です。