子宮筋腫の術後について

取り返しがつかない子宮筋腫の手術。必ず術後の事も考えよう。

子宮筋腫を手術によって取り除くと決断された場合、手術後の事が心配になってくると思います。子宮筋腫を取り除く事で、メリットもあればデメリットもあります。大きな決断をしたら術後の事も、しっかりと考えて置きましょう。

子宮筋腫を手術で取り除く場合、子宮を全て取り除く全適手術か、筋腫のみを取り除く筋腫核手術を行うか選択する事になります。

全適手術を行った場合、子宮筋腫になる恐れはありません。また、月経もなくなるので毎月の筋腫による貧血の心配もなくなります。しかし子宮を全て取ってしまうため、妊娠をする事ができなくなってしまいます。閉経が近かったり妊娠を望んでいない方に適している手術です。

ここで心配になってくるのは子宮を取った事によってホルモンバランスが崩れて、女性らしくなくなってしまうのではという事です。女性ホルモンの分泌は卵巣によって行われます。卵巣があれば女性ホルモンは正常に分泌されますので、手術前と同じような生活を送れるようになります。またホルモンバランスが崩れて、更年期障害になりやすいという事もありません。

妊娠を望んでいて子宮を残しておきたいという方は、筋腫核手術を選択されると思います。この手術では子宮にできた筋腫のみを切除しますので、手術後の妊娠も可能です。

子宮核手術のデメリットとしては筋腫の芽が残ってしまう事があり、再発の可能性があります。また手術の際に出血が多いので、自己血貯蓄などで輸血が必要になってきます。そして、手術後に妊娠をして出産をする際は、帝王切開になってしまうという事です。これは子宮に傷ができてしまうので、通常分娩では子宮破裂を起こしてしまう可能性が高いからです。

どちらの手術をしても術後は術前と変わらぬ生活を送れるようになります。ご自分の状態や状況をよく考えて、ご家族と相談してから手術に挑むようにしましょう。