開腹手術による子宮筋腫の治療

安全で安心して子宮筋腫の手術をしたいなら、開腹手術がオススメ

子宮筋腫の手術には、大きく分けて2つあります。1つは内視鏡を用いた腹腔鏡手術や子宮鏡手術。こちらは何箇所か穴を開けてそこからカメラや器具を入れて行う手術ですので、術後の傷跡が少なく痛みも少ないです。また術後の回復も早いので早期の社会復帰が可能となります。しかし術野が狭いので、手術できる医師が限られたり、他の臓器を傷つけてしまう恐れもあります。

もう1つの方法は開腹手術です。これはお腹を縦か横に開き広い術野を確保する手術です。開腹手術だと腹腔鏡手術と比べて術野が広いので、安全に筋腫を取り除く事が可能になります。しかし回復に時間がかかるので、早期の者気復帰や妊娠を望まれている方には厳しい手術となっています。

早期の社会復帰や妊娠を望まれる方、傷跡を残したくない方、子宮の内側に大きくなってしまう粘膜下子宮筋腫の方には、腹腔鏡手術の方が適していると言えます。しかし安全性の面から言えば開腹手術の方が確実です。また筋腫を確実に取り除く事が可能ですし、他の臓器への異常も発見し易いです。

腹腔鏡手術を望んでも、筋腫の位置や大きさによって腹腔鏡手術はできない場合もあります。その場合は開腹手術が行われます。開腹手術後は痛みがあっても、癒着の可能性もあるので少しでも体を動かすようにしましょう。

子宮筋腫がある程度の大きさになってしまうと手術が必要です。手術を選択すると妊娠を望むか望まないかによって、子宮を全適手術するか、筋腫のみを取り除く子宮核手術をするかを選択する事になります。ご家族とよく相談して手術の選択をするようにしましょう。