子宮筋腫は漢方で治るのか

鶏卵大の子宮筋腫も治るかも。古くて新しい漢方の力と効果

古くは生理痛にも使われていた漢方は、子宮筋腫にも効果があります。漢方と西洋医学の違いは漢方は体全体を見て治す、西洋医学は病気の部分を治すという事です。

子宮筋腫になった場合、西洋医学ではホルモン治療や薬物療法によって子宮に効果のある薬を投与したり、患部を切って手術をするという方法がとられます。

漢方では、桂枝茯苓丸などの血液の流れを良くしたりホルモンのバランスを整える働きのある漢方が用いられます。また血流が悪化する原因となる、冷え性に対する漢方も処方されたりもします。他にも、過多月経による貧血を防ぐ為にも血液を補う物もあります。

しかし、あくまでも漢方は補助的な役割だったり、長期的な治療が必要になります。鶏卵大の大きさまでの筋腫なら完治してしまうという報告もあります。しかし、ある程度の大きさになってしまうと、手術で取り除いた方が良い結果をもたらす事の方が多いです。また、西洋医学と違い即効性はないので、すぐに妊娠を望まれている方にも不向きです。

他の療法と併せて用いたり、不妊治療の一環として漢方を試してみたいという方には最適だと思われます。また子宮筋腫が完治した後も、再発の恐れがあるので引き続き服用するようにしましょう。そうする事によって子宮筋腫だけでなく、他の病気や体の異変にも対応できる体になります。

子宮筋腫の原因はホルモンが大きく影響していると言われています。漢方は体全体を見て治療する医学です。漢方を服用する事によって、ホルモンのバランスや血流を良くする事によって他の病気にも効果があります。

またストレスも筋腫を大きくする原因と言われています。ストレスの軽減を図りつつも漢方を服用して長期的視野に立って治療を行うようにしましょう。