子宮筋腫は漢方薬でも治る?

子宮筋腫は漢方薬でも治るの!?

子宮筋腫と漢方はなかなか相性の良い治療法と考えられている様で、医師から漢方薬を進められるケースも多々有ります。

そもそも、子宮筋腫は生理のある女性なら誰にでも出来る可能性があると言われるポピュラーな病気です。現在は4人に1人位の割合で子宮筋腫を持っているのではないかと言われています。そして、何故、この子宮に出来る良性の腫瘍、つまり、子宮にコブのような物が出来るのか、原因はまだ解っていません。女性ホルモンを栄養源にして、子宮筋腫が大きくなる事だけは解っていますが、まだまだ不明な事が多いのが現状です。ただ、体質的な事が関係すると想像される病なので、体質改善に効果を発揮する漢方はやはり効果が有るのではないかと考えられるのです。

一言に子宮筋腫と言っても、幾つかタイプがあり、子宮筋層の中に出来るタイプ・子宮の外側に出来るタイプ・子宮内膜へ顔を出しつつ子宮筋層内部へと成長するタイプ等があります。更に、子宮筋腫は1つだけ出来るのではなく、同じタイプの筋腫が数個出来たり、違うタイプが同時に出来てしまったりと、本当に一人ひとり形状が違います。そして、筋腫が出来る場所により、症状が全く出なかったり、重篤な症状が出たりとマチマチなのです。

一般的に5センチ以上に育ってしまった筋腫は漢方での治療はなかなか難しいと言われますが、漢方薬を使う事で症状を緩和させる事は出来る様です。また3センチ以内の筋腫の場合は漢方薬を使う事で筋腫を小さくする効果が有ると言われています。

自身の子宮筋腫の状態を知っておくのは大切なので、掛かりつけ医での定期健診は欠かさずに行いましょう。漢方治療に興味が有る場合は医師に相談の上、漢方に詳しい漢方医を紹介して貰うのも良いでしょう。