子宮筋腫コラム

記事一覧

最終的に子宮筋腫を取り除くのは手術。そうなる前に他の治療を知ろう

子宮内に、コブのような腫瘍ができるのが子宮筋腫です。悪性の子宮肉腫とは違い、増殖したり他の臓器に転移したりと言った心配はありません。命に関わる病気ではありませんが、不妊の原因の1つになっています。また症状が酷い場合は、貧血や腰痛なども引き起こす可能性があります。子宮筋腫と診断された場合は、早期の治療をするようにしましょう。

子宮筋腫の症状としては生理痛が酷かったり過多月経、レバー状の血液が出る。貧血になったり、頻尿・腰痛・便秘などがあります。そのような症状が長く続くようだと、子宮筋腫の可能性があります。

子宮筋腫と診断された場合、まず始めに行われるのは経過観察です。筋腫の大きさや数を、時間をかけて観察します。その経過の中で筋腫が大きくなったり増えてしまったり、部位によっては子宮に悪影響を及ぼす可能性もあるので、そういった場合は次の段階へと進みます。経過観察の結果、またはすぐに治療が必要と診断された場合は、薬物療法か手術治療が行われます。

薬物療法は、大きく分けて2つあります。1つは子宮筋腫による生理痛や過多月経、貧血などの症状を和らげる等の対処療法です。2つ目はホルモン治療です。これは月経による生理痛などを緩和するために、女性ホルモンの分泌を抑える薬を服用します。女性ホルモンの分泌を抑える事によって閉経に近い状態になる事から、偽閉経療法とも言われています。このホルモン治療によって症状はだいぶ改善されると思いますが、この治療は保険の関係上、6カ月以上続ける事ができません。6カ月後に治療を止めてしまうと、筋腫はまた同じような大きさに戻ってしまいます。どちらの薬物療法も、その場しのぎのものでしかありません。閉経が近い、または手術を前提としている方にのみ行われる場合が多いです。

筋腫自体を取り除くには、手術しかありません。手術は子宮を全部取ってしまう全適手術と、筋腫だけを取り除いてしまう筋腫核手術とあります。子宮を全て取り除いてしまうと、子宮筋腫の恐れはなくなります。しかし、手術後に妊娠をする事が不可能となります。筋腫核手術では、筋腫だけを取り除いてしまうので手術後の妊娠も可能です。しかし完全に取り除いてしまうのが難しいので、筋腫が再発してしまう恐れがあります。

子宮筋腫の治療は様々ありますが最終的に取り除くとなったら手術しかありません。妊娠を望むかどうか、ご家族と相談してから決める事が大事です。

子宮筋腫を怖がる必要はない!妊娠を希望される方への注意点

妊娠を望んでいても中々、子供に恵まれない不妊の原因の一つに子宮筋腫が挙げられます。これは筋腫が子宮を圧迫して、子宮や卵管の形に影響を及ぼし受精や着床を妨げているからです。

子宮筋腫は不妊の原因の一つではありますが絶対に妊娠しないという事ではありません。実際に子宮筋腫を持っていても妊娠された方は大勢いらっしゃいます。また子宮筋腫を妊娠前に取り除く、筋腫核手術を行う事によって不妊治療を行うケースもあります。

子宮筋腫は、30代から40代の女性に多くみられる病気です。しかし近年では月経が始まる初経年齢が低下しているので若年層でも子宮筋腫になる可能性が高くなっています。また出産年齢が高くなり、子宮筋腫の確立が高くなり妊娠に影響している事も考えられます。

子宮筋腫は自覚症状が少なく、妊娠後に検査をして発見されるケースが増えています。妊娠後に子宮筋腫が発見された場合は、大きさや数によって対処が異なります。

筋腫が大きくなく数も少ない場合は経過観察をしながら徳の問題ないと判断された時は、出産を行います。筋腫が大きかったり数が多かったりすると、帝王切開による出産を行う場合があります。筋腫の切断は、出産が相当困難な場合にのみ行われますが稀なケースです。

筋腫は硬いコブのような物ですが妊娠中期になると柔らかく変化し、子宮の一部のようになってしまいます。ですので、筋腫による圧迫で胎児の発育や分娩には、影響が滅多にありません。ただ筋腫の変形によって早産や流産の可能性が出てくるので専門医の指示に従って生活する事が重要になってきます。

誰でもかかりうる病気の子宮筋腫。女性特有の症状を見逃すな!

子宮筋腫自体は症状が分かりにくく、子宮筋腫と診断されるのは健康診断や妊娠検査の時が多いです。子宮筋腫かもと思ったら早めに婦人科で相談された方が良いでしょう。

子宮筋腫の症状としては、生理の時に通常より出血量が多かったり、生理痛が激しい事が代表されます。これは子宮内に筋腫ができると月経の時に、はがれる子宮内膜の体積が増える事から起きてしまう症状です。また筋腫ができると血液の流れが変わったり、子宮の筋肉の収縮がうまくいかず、出血が止まらない部分ができてしまう事も原因の一つです。それによって固まった血液を溶かし切れずに、レバー状の血液が出てくる場合もあります。

この過多月経になってしまうと貧血になってしまう事もあります。貧血の状態が続くと日常生活に影響が出るどころか、他の内臓にも悪いので早めの対処が必要となってきます。

生理以外にも子宮筋腫の症状は幾つかあります。筋腫が膀胱を圧迫する事によって頻尿が起きます。また骨盤の神経や、血管が圧迫される事によって腰痛が引き起こされます。その他にも直腸を圧迫する事によって便秘になってしまう事もあります。

子宮筋腫の症状は、女性特有の症状が多いです。ですので、いつもの事だろうと放置してしまう場合もあります。しかし、この症状を放っておくと不妊の原因になってしまったり、他の病気を見落とす事にも繋がったりします。

少し様子がおかしいという状態が続くようでしたら早めの対応をして早期治療を心がけましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >