子宮筋腫コラム

記事一覧

子宮筋腫は早めの対策が大事。月経時の出血は確実に把握しよう。

生理痛が激しかったり、過多月経になってしまうのが、子宮筋腫の一般的な症状と言われています。過多月経になってしまうと普段の生理時以上に、出血してしまい貧血になってしまう事もあります。

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍の事を言います。子宮の一定の部分にできるわけではなく、子宮の中で大きくなったり、外に向かって大きくなったりと様々な種類があります。いずれの筋腫にしても女性のデリケートな部分にできることには変わりません。

月経は子宮内膜が剥がれ、血液と一緒に流れ出す現象の事を言います。子宮筋腫になると、この子宮内膜の面積が広がってしまい出血量が多くなります。また筋腫が大きくなると、骨盤を圧迫して過多月経を起こす原因ともなります。

月経時に出血するのは当然の事ですが、子宮筋腫になると不正出血を起こす可能性もあります。これは子宮の内側に向かって大きくなる「粘膜下筋腫」と呼ばれる種類の筋腫を持っている時に起こります。「粘膜下筋腫」が大きくなると子宮の内膣に押し出され、子宮の入り口から出てしまう、筋腫分娩になってしまうからです。

筋腫分娩になってしまうと不正出血の量が非常に多くなります。それによって貧血になったり、不妊の原因にもなってしまいます。しかし不正出血以外に自覚症状が少ないので、放置しておく人も多いようです。

筋腫は大きくなると不妊の原因となったり、手術でしか取り除く方法がなくなってしまいます。毎月の月経をよく観察して、少しでも異常があるようでしたら、早めの診察を行うようにしましょう。

子宮筋腫が及ぼす影響は月経だけじゃない!腰痛も筋腫が原因かも。

月経に異常が出てしまうのが、一般的な子宮筋腫の症状と言われています。生理痛が激しかったり過多月経の状態が長く続くようですと、子宮筋腫の可能性が高くなります。しかし子宮筋腫の症状には、他にもいくつかあるのです。

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍で命に別条はありません。しかし筋腫ができる場所や大きさによっては、子宮だけでなく他の場所への弊害も出てきます。

筋腫が膀胱を圧迫すると、頻尿になってしまいます。また筋腫が直腸を圧迫すると、便秘になってしまいます。そして筋腫が骨盤の神経や血管を圧迫すると、腰痛になってしまうのです。

ただ腰痛だから頻尿だからと言って、すぐに子宮筋腫に結び付くわけではありません。腰痛は様々な原因が結びついて起こる事が多いからです。例えば重い物を持つような仕事をしている方なら、慢性的な腰痛を抱えているかも知れません。だから子宮筋腫という事には繋がりません。1つの原因として子宮筋腫も考えられるという事です。

腰痛が長引いたり他の子宮筋腫による症状があるようでしたら、子宮筋腫である可能性もあります。そのような場合には、すぐに病院で診察してもらうようにしましょう。筋腫の場所や大きさによっては、手術をしないと腰痛が良くならない可能性もあります。しかし経過観察や改善療法の中で、筋腫が小さくなり腰痛が解消される事もあります。

もしかしたら腰痛の原因が、子宮筋腫以外にあるかも知れません。それが子宮肉腫などの命に関わる病気だったら一刻を争う事態です。どんな病気も早期発見早期治療が理想的です。自覚症状があって悩んでいるのだったら、すぐに病院で診察してもらいましょう。

取り返しがつかない子宮筋腫の手術。必ず術後の事も考えよう。

子宮筋腫を手術によって取り除くと決断された場合、手術後の事が心配になってくると思います。子宮筋腫を取り除く事で、メリットもあればデメリットもあります。大きな決断をしたら術後の事も、しっかりと考えて置きましょう。

子宮筋腫を手術で取り除く場合、子宮を全て取り除く全適手術か、筋腫のみを取り除く筋腫核手術を行うか選択する事になります。

全適手術を行った場合、子宮筋腫になる恐れはありません。また、月経もなくなるので毎月の筋腫による貧血の心配もなくなります。しかし子宮を全て取ってしまうため、妊娠をする事ができなくなってしまいます。閉経が近かったり妊娠を望んでいない方に適している手術です。

ここで心配になってくるのは子宮を取った事によってホルモンバランスが崩れて、女性らしくなくなってしまうのではという事です。女性ホルモンの分泌は卵巣によって行われます。卵巣があれば女性ホルモンは正常に分泌されますので、手術前と同じような生活を送れるようになります。またホルモンバランスが崩れて、更年期障害になりやすいという事もありません。

妊娠を望んでいて子宮を残しておきたいという方は、筋腫核手術を選択されると思います。この手術では子宮にできた筋腫のみを切除しますので、手術後の妊娠も可能です。

子宮核手術のデメリットとしては筋腫の芽が残ってしまう事があり、再発の可能性があります。また手術の際に出血が多いので、自己血貯蓄などで輸血が必要になってきます。そして、手術後に妊娠をして出産をする際は、帝王切開になってしまうという事です。これは子宮に傷ができてしまうので、通常分娩では子宮破裂を起こしてしまう可能性が高いからです。

どちらの手術をしても術後は術前と変わらぬ生活を送れるようになります。ご自分の状態や状況をよく考えて、ご家族と相談してから手術に挑むようにしましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >