プラセンタが子宮筋腫に与える影響とは

プラセンタは子宮筋腫にどんな影響をあたえるのか?

「肌に良い、健康に良い、美容に効果がある」と良く耳にするプラセンタ。シミが薄くなった!、肌の色が白くなった!、シワが少なくなったみたい!等、様々な効果が有るようです。プラセンタとは胎盤の事で、母体が胎児に栄養を与える為に妊娠中だけに存在する器官の事で、五大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル) やアミノ酸等多くの栄養素が含まれており、細胞分裂等を促進させる効果があると言われます。また、プラセンタにはホルモンを調整する働きもあります。女性ホルモンのエストロゲンを活発にすると言うだけの物ではなく、エストロゲンを抑える作用をする黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌を正常な状態に戻す効果も有ります。

現在、医療用として用いられるプラセンタには人の胎盤が、サプリメント等に用いられるプラセンタには馬や羊や豚等の胎盤が使われています。漢方薬にもプラセンタが利用されている物があり、女性特有の病気(月経異常や更年期障害)に効果があるとされています。

ホルモンバランスを整えてくれるのなら、子宮筋腫もプラセンタで治るんじゃない?と考える方も居る様です。子宮筋腫は、女性ホルモンのエストロゲンを栄養として大きく育つものなので、黄体ホルモンの分泌に影響を与えてくれるプラセンタを摂取すると、効果が有るかも!と考えてしまうのは間違いではないでしょう。

ですが、これは何とも言えません。プラセンタが子宮筋腫にどの様な影響を与えるかは、まだまだ解明されていないのです。「筋腫が大きくなる」とか「筋腫が小さくなる」等は、明言できないのが現状です。

子宮筋腫の治療中の方は、ホルモンに影響を与えるサプリメントの摂取については、必ず医師に相談するよう、心がけましょう。