子宮筋腫核出術で妊娠・出産もOK

子宮筋腫核出術で子宮を残し、妊娠・出産の希望が持てます

子宮筋腫とは、子宮周辺に出来る良性の腫瘍で、成人した女性の多くに見られる病気です。筋腫とはコブの様な物で、筋腫の出来る場所により、漿膜下筋腫・筋層内筋腫・粘膜下筋腫と呼ばれます。命に関わる病気ではなく、癌化する事もないので、重篤な症状が無ければ経過観察は必要ですが、治療を必要としない事も有ります。子宮筋腫は女性ホルモンの影響で大きくなるので、閉経後には徐々に小さくなる為です。ですが、筋腫の出来た場所によっては不妊の原因と成る事も有ります。

子宮筋腫核手術とは子宮を温存し、子宮筋腫だけを取る手術方法で、子宮温存手術とも言います。子宮を全摘する訳ではないので、術後に妊娠や出産も可能と言う訳です。

子宮筋腫核手術は大きく分けて3タイプあり、開腹手術・腹腔鏡手術・子宮鏡手術があります。開腹手術は筋腫がどんな状態であっても対応が出来るので一般的な方法です。腹腔鏡手術と子宮鏡手術は、筋腫の場所や大きさによって対応できない場合もありますし、医師の技量も問われる方法と言えるでしょう。大きな筋腫の場合は、手術の前にホルモン治療で筋腫を小さくしてから手術を行なう事もあります。

子宮筋腫核手術後、1~2ヶ月後から性交渉も可能ですし、2回目の生理以降~遅くても半年後からは、妊娠しても大丈夫と言われますが、医師とよく相談した方が良いでしょう。

どの術式で子宮筋腫核手術を行なったとしても、出産時に子宮破裂の危険性があるので、帝王切開での出産も視野に考える事になります。勿論、子宮筋腫核手術後に妊娠、通常分娩で出産と言う方も多く居ます。