子宮筋腫リュープリンとは?副作用は?

子宮筋腫リュープリンってどんな物?副作用は??

リュープリンとは、子宮筋腫等のホルモン治療に使われるホルモン剤で、飲み薬ではなく注射で行います。リュープリンを注射すると、打った箇所に薬剤が留まり、少しづづ少しづづ薬剤が溶け出す事で、効果が持続されると言う薬です。その為、リュープリンを打った箇所は「かたまり」がある様な感じになりますが、絶対に刺激を与えてはいけません。普通の注射の後の様にさすったり、揉んだりすると、急にリュープリンが作用する事があるからです。薬が溶けきってしまえば「かたまり」も勿論無くなります。リュープリンには2種類あり、効果が4週間持続するタイプと12週間持続するタイプが有ります。

リュープリンは、子宮筋腫の栄養源で有る女性ホルモンのエストロゲンの分泌を抑える効果が有ります。つまり身体を疑似的な閉経状態にするわけです。この為、更年期障害の様な副作用が現れる事が有ります。もっとも多く見られる症状はほてりやのぼせと言った症状です。他にも肩こりが酷くなった、腰痛や頭痛を感じる、なかなか眠れない…等の症状を訴える方も居ます。また、まれに重篤な副作用として、息切れや発熱、呼吸困難、肝機能障害などが起る場合があります。不安や異常を感じた時は、早々に医師の診察を受ける必要が有ります。
リュープリン等のホルモン治療は、重篤な障害を引き起こす危険性が高いので、治療期間は最長で6ヶ月とされています。

妊娠の可能性が有る方、妊娠中の方はリュープリン治療は受けられません。そして、リュープリン治療中は必ず避妊する様、指導を受けます。