子宮筋腫を食事療法で治す

道のりの長い子宮筋腫の食事療法は、遠回りに見えて近道かも知れない

原因が確かではなく難しい病気である子宮筋腫ですが、日常生活で気を付けていれば筋腫を防いだり改善させる事も可能です。その一つが食事療法です。

子宮筋腫の原因は定かではありませんがエストロゲンと言われる女性ホルモンの成分が影響しているのではと言われています。エストロゲンは、女性らしい体を作り肌の艶や張りを作る効果を持っています。女性には必ず必要な成分の1つであり、卵巣から出ているホルモンです。

子宮筋腫を育てているからと言って0にする事は難しいと思われます。しかしエストロゲンは普段の食事の中にも含まれています。この体外からのエストロゲンの摂取を控える事によって、筋腫を育てるのを防ぐ事もできます。

エストロゲンは家畜の飼料に含まれていて、その家畜の脂肪に貯まりやすいと言われています。つまり、脂肪分の多い食事に気を付ければ良いのです。しかし肉類に含まれるタンパク質は、人間にとって必要な栄養素の1つです。肉類を食べる時は、なるべく脂肪の部分の少ない物を食べるようにしましょう。

また大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲンと似たような働きを持ち更年期障害にも効果があるとされています。エストロゲンの摂取を抑えつつも似たような効果のあるイソフラボンを摂取するようにしましょう。

エストロゲンの摂取抑制以外にも子宮に良い食事があります。食物繊維はエストロゲンを排出する働きがあり、子宮筋腫の症状の1つである便秘にも効果的です。また過多月経によって起こる貧血の予防に、鉄分やビタミンが多く含まれる食事を取るように心がけましょう。

食事療法はあくまでも子宮筋腫を大きくしない、少しでも小さくする療法です。ある程度の大きさになってしまうと手術が必要になってしまいます。日常の生活を見直す事によって手術を必要としない体を作るようにしましょう。