子宮筋腫の手術について

子宮筋腫の治療は手術だけじゃない。様々な治療法で対応しよう

成人女性の5分の1、40代女性の3人に1人の方は、子宮筋腫を持っていると言われています。特に30代から40代の女性の割合が多いようです。

子宮筋腫というのは子宮にできる良性の腫瘍の事を言います。子宮の部分によって名前が違い最も多いとされている子宮の厚い部分にできる筋層内筋腫、子宮の内側に向かって大きくなる粘膜下筋腫。子宮の外側に向かって大きくなる漿膜下筋腫、また子宮の外にできる子宮頸部筋腫などもあります。

子宮筋腫は癌とは違います。すぐに命に別状があったりする病気ではありません。大きさや年齢などにより対処の仕方も変わってきます。手術をせずに経過観察をしながらする方法。手術ではなくホルモン療法などの薬物治療を行う方法。筋腫が大きかったり悪性の肉腫だったりする場合は手術治療が行われます。

子宮筋腫が見つかった場合は筋腫が小さかったり、数が少なかったり閉経が近かったりすると、経過観察が行われます。筋腫自体は命に関わる物ではないので様子を見ながら対応を決めていくのです。

経過観察をしていく中で、過多月経や月経痛の症状がひどい場合や、筋腫が大きくなったり圧迫による症状がひどい場合。また妊娠を望んでいて筋腫が妊娠の妨げになる場合は、薬物治療や手術療法が行われます。

薬物治療では大きく分けて2つの治療法があります。鎮痛剤などで痛みを緩和して子宮筋腫の症状を和らげる治療。そして女性ホルモンの分泌を抑えて、閉経に似たような状況を作り、子宮筋腫を大きくしないようにするホルモン治療が行われます。

しかし薬物治療は子宮筋腫を治す治療法ではなく抑え込む治療法です。閉経までの時間が短かったり手術に備えての準備のために使われたりします。

経過観察を経て手術が必要と思われるのは、筋腫が大きくなったり柔らかくなったりする場合です。この場合、悪性の肉腫である可能性もあり肉腫であった時は、早急な対応が必要となります。

手術では大きく分けて2つの方法に分かれます。1つは子宮全体を取り除いてしまう全適手術と筋腫だけを取り除く筋腫核出術があります。

どちらも最近ポピュラーなのが腹腔鏡を使った手術です。これは開腹手術と違い大きな傷が残らないのが特徴で女性にとっては嬉しい手術です。しかし大きさや部位によっては行う事ができない場合もあります。

子宮筋腫の手術の大きな判断基準は今後、妊娠を望むかどうかです。妊娠を望む場合は筋腫描く手術を行い子宮を残す手術を選ぶ事になります。しかしこちらは全ての筋腫を取り除く事が難しく、再発してしまう可能性があります。全適手術の場合は再発の可能性はありませんが、術後の妊娠ができなくなります。

手術をする場合は、ご家族とよく相談して慎重に行うようにしましょう。