子宮筋腫手術後の妊娠・出産で注意したい事

子宮筋腫の手術後の妊娠・出産で注意したい事

子宮筋腫の手術後は必ず定期健診を受け、術後の経過がどうなのかをチェックしましょう。
子宮筋腫は一度出術で除去しても、再発する可能性が大きい病気ですし、感染症の心配も有ります。疲れを感じたら休む、激しい運動はしない等は勿論ですが、規則正し生活を送る事が、回復への一番の近道です。また、出血や貧血症状等、おかしいな?と思う症状が出た時には、直ぐに医師の診察を受ける様、心がけましょう。

術後、1~3ヶ月程度で生理が復活します。多くの場合、生理が2回くれば、妊娠しても大丈夫と言われる様です。医師によっては安全の為、半年は待った方が良いと言う場合も有りますが、どの様な手術を行なったかでも違って来るので、妊娠を望むなら、性交渉は何時から行っても大丈夫なのか、恥ずかしがらずに必ず医師に相談するよう心がけましょう。

子宮筋腫の手術後に妊娠した場合、子宮破裂に注意が必要です。

子宮破裂は、妊娠後期や分娩時におこる疾患で、胎児は勿論、母体も死亡する可能性がある症状です。子宮筋腫の手術を行った人だけにおこる症状ではなく、子宮の手術や帝王切開を経験した人、全ての人に子宮破裂が起る可能性が有ります。勿論、必ず起こる症状ではありません。子宮破裂が起る確率はまれです。子宮筋腫の摘出手術を行っていても、自然分娩を希望する方も多く居ますし、術後に自然分娩で出産されている方も居ます。ですが、子宮破裂は起こってしまうと本当に大変です。子宮にリスクを抱えている訳ですから、帝王切開で出産も視野に入れて考え、出産する病院を選びましょう。

妊娠後期のお腹のハリや痛みは、通常の妊婦さんにも多々起こる事ですが、子宮筋腫の手術を経験した方は、特に注意が必要です。