多発性子宮筋腫と診断されても怖くない

多発性子宮筋腫と診断されても、そんなに怖がらなくて大丈夫

子宮筋腫は、初潮から閉経までの女性なら誰でも出来る可能性のある良性の腫瘍です。30代を過ぎる頃から発症する人が増え始め、40代を過ぎた女性の4割以上が発症しているとも言います。子宮の内部や周辺に出来るコブの様なものなので、症状が無ければ、特に処置を必要としない場合も多々あります。何故なら、子宮筋腫の栄養源は女性ホルモンのエストロゲンなので、閉経と同時に筋腫はドンドン小さくなっていくからです。

子宮筋腫には何種類かタイプが有り、子宮の外側に出来る筋腫を漿膜下(しょうまくか)筋腫、子宮の筋肉の中に出来る筋腫を筋層内(きんそうない)筋腫、子宮内部に出ている筋腫を粘膜下(ねんまくか)筋腫と言います。そして、それらが1つだけ出来る事も有れば、漿膜下(しょうまくか)筋腫が2つ出来たり、筋層内(きんそうない)筋腫が3つ出来たり、筋腫を漿膜下(しょうまくか)筋腫1つと膜下(ねんまくか)筋腫が1つ出来たりと…一度に多くの筋腫が見つかる事もあり、これを多発性子宮筋腫と言います。

子宮筋腫はあくまでも良性腫瘍なので、癌化する事は有りません。「幾つ以上発見されると危ない」と言う事も有りません。筋腫が大きくなり、他の臓器や神経を刺激して痛みを感じる場合や、生理痛が酷くなったり、出血量が増えたりした場合は、治療をした方が良いでしょう。治療は手術で切除するだけではなく、薬物治療もあります。年齢や今後妊娠を望むのか等で治療法は変わってきます。一般的に症状が無い場合は、経過観察となります

「多発性子宮筋腫」と言う診断を怖がる必要は有りません。