uaeは筋腫のタイプを選ぶ?

どのタイプの筋腫でも、子宮動脈寒栓術(uae)は適用できるの?

子宮動脈寒栓術とは、子宮に出来た良性腫瘍から起こる症状を改善する事を目標とする治療法です。この為、症状がある方が対象と成ります。子宮筋腫の症状としては、月経過多・酷い月経痛・貧血等があげられるでしょう。ただ、閉経後や妊娠中の方、妊娠を希望する方、子宮筋腫以外にも悪性の病気を持っている方や、寒栓物質に対するアレルギーがある方は、この治療は受けられません。

X線透視下で足の付け根の動脈からカテーテルを入れ、子宮周辺の血管を調べながら、子宮動脈まですすめ、寒栓物質を注入します。カテーテル手術後は小さくて、殆ど解らなくなります。手術時間は30分~1時間程度、入院期間も平均2泊3日~1週間位です。

子宮動脈寒栓術は子宮筋腫のタイプは選びません。基本、どのタイプの筋腫でも血管の状態により対応が出来るか出来ないかが決まります。あくまでも症状の緩和を目指す治療なので、子宮筋腫の全てが「必ず小さくなる」とは言い切れません。8~9割の方の筋腫は3か月後に50%、1年後には30%の大きさになっていると言う報告もありますが、多きさが変わらない筋腫もあります。ただ、筋腫が寒栓されてしまえば、筋腫が大きくなる事はありません。

子宮動脈寒栓術は先進医療です。この治療法が日本で行われるようになったのは1997年頃からです。症状の緩和には大変有効な手術ですが、現在の所、保険の対象ではなく、自費診療と成るので、高価な治療となります。病院によって多少異なりますが、だいたい40万円程度と言った処でしょう。