子宮筋腫の予防方法とは

子宮筋腫の苦しみを味わいたくないなら、生活改善で予防しよう

症状に対して原因が定かでない病気の1つに、子宮筋腫があります。子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍で、命に別条のある病気ではありません。しかし放っておくと不妊の原因ともなってしまいますので、早めの対応が必要です。

子宮筋腫は女性のデリケートな部分である子宮にできる為、原因を特定するのが非常に難しい病気です。だから予防をするのも非常に難しいとも言えます。しかし予防法がない訳ではありません。日々の生活を改善していく事が大切になってきます。時間をかけて子宮筋腫の予防を行いましょう。

子宮筋腫の原因として一番有力なのは、女性ホルモンの1つのエストロゲンが影響しているという説です。エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンに含まれており、女性らしい体を作ったりする効果があります。ですので0にするのは良くありません。体内からの分泌以外でも食物からエストロゲンを摂取する事もあります。そういった物を減らしたり、エストロゲンを排出する食べ物を食べるようにしましょう。

エストロゲンは家畜の飼料に含まれていて、家畜の脂肪部分に貯まります。それを食べる事によって、大量のエストロゲンをも摂取してしまいます。家畜の肉には人間に必要な栄養素であるたんぱく質なども含まれています。食べる場合には、脂肪部分の少ない部位を食べるようにしましょう。

エストロゲンと似たような働きを持つのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンを摂取する事によって、エストロゲンと同じような効果があります。大豆製品の過剰摂取はエストロゲンを摂取するのと似たような効果があるとも言えます。しかし大豆イソフラボンについては、研究者の間でも意見が分かれており筋腫への影響が定かではありません。医師とよく相談して摂取するようにしましょう。

エストロゲンを体外に排出する効果を持つのは食物繊維です。食物繊維が多く含まれるキャベツや海草類、根菜等を多く食べるようにしましょう。また玄米は白米よりも多くの栄養分を含んでいます。ただ玄米を過剰摂取するとミネラル不足になる可能性があるのでバランスの良い食事をするようにしましょう。

子宮筋腫の予防の一番の方法は食生活ですが予防法は、それだけではありません。ストレスや冷え性なども、女性ホルモンの分泌に影響していると言われています。ストレスのない生活と言われても難しいかも知れません。なるべくストレスを減らす努力をするようにしましょう。冷え性は漢方は体質改善によって予防する事ができます。しかし効果が出るまで時間がかかってしまいます。長い目で見て子宮筋腫の予防をしていくようにしましょう。