子宮筋腫

子宮筋腫の大きさは部位によって対応が異なる。まずは診断を!

正常な子宮の大きさというのは、一般的に7cm前後と言われています。妊娠すると最大で30cm以上にまで膨らみます。しかし、妊娠をしていない状態では鶏卵サイズの大きさになっています。

子宮筋腫は子宮の中にできるコブのようなもので良性の腫瘍です。この筋腫が大きくなると妊娠や出産、月経等に影響を及ぼしてしまいます。子宮筋腫と診断された場合は、大きさや位置により対処が変わってきます。

「筋層内筋腫」と呼ばれる筋腫は、子宮の中に埋まっているような状態の一番多い種類の子宮筋腫です。大きさが5cmを基準として治療法を決定する事が多いようです。5cm未満の場合は経過観察を行い、筋腫の大きさや数の経過を見守りつつ、対処を決めます。8cmを超えてくると手術による筋腫切除が必要になってきます。

子宮の外側や内側に向かって大きくなる「漿膜下筋腫」と「粘膜下筋腫子宮筋腫」もあります。外側に向かって大きくなる「漿膜下筋腫」は、大きくなると月経時の生理痛が激しくなり血が塊となりやすくなってしまいます。しかし、子宮筋腫が大きくなっても生理痛や貧血の症状が全くない人もいます。そのような場合は手術は行わず経過を見ながらの治療が行われます。

内側に向かて大きくなる「粘膜下筋腫子宮筋腫」は小さくても痛みが激しい場合が多く、複数の筋腫が鈴なりになってできる時もあります。また赤ちゃんが育つ内膣にある為、不妊の原因ともなります。「粘膜下筋腫子宮筋腫」と診断された場合は、早期の治療や手術が必要となってきます。

いずれの子宮筋腫も、大きくなっても生理痛や貧血などの子宮筋腫の症状が出ずに健康診断や妊娠後の検査で発覚する場合もあります。大きさや数で一概に、手術や治療が必要と言えない病気なのです。自分の症状や筋腫の大きさ等を正確に把握して、専門医との相談をして病気に対する対応をするようにしましょう。

鶏卵大の子宮筋腫も治るかも。古くて新しい漢方の力と効果

古くは生理痛にも使われていた漢方は、子宮筋腫にも効果があります。漢方と西洋医学の違いは漢方は体全体を見て治す、西洋医学は病気の部分を治すという事です。

子宮筋腫になった場合、西洋医学ではホルモン治療や薬物療法によって子宮に効果のある薬を投与したり、患部を切って手術をするという方法がとられます。

漢方では、桂枝茯苓丸などの血液の流れを良くしたりホルモンのバランスを整える働きのある漢方が用いられます。また血流が悪化する原因となる、冷え性に対する漢方も処方されたりもします。他にも、過多月経による貧血を防ぐ為にも血液を補う物もあります。

しかし、あくまでも漢方は補助的な役割だったり、長期的な治療が必要になります。鶏卵大の大きさまでの筋腫なら完治してしまうという報告もあります。しかし、ある程度の大きさになってしまうと、手術で取り除いた方が良い結果をもたらす事の方が多いです。また、西洋医学と違い即効性はないので、すぐに妊娠を望まれている方にも不向きです。

他の療法と併せて用いたり、不妊治療の一環として漢方を試してみたいという方には最適だと思われます。また子宮筋腫が完治した後も、再発の恐れがあるので引き続き服用するようにしましょう。そうする事によって子宮筋腫だけでなく、他の病気や体の異変にも対応できる体になります。

子宮筋腫の原因はホルモンが大きく影響していると言われています。漢方は体全体を見て治療する医学です。漢方を服用する事によって、ホルモンのバランスや血流を良くする事によって他の病気にも効果があります。

またストレスも筋腫を大きくする原因と言われています。ストレスの軽減を図りつつも漢方を服用して長期的視野に立って治療を行うようにしましょう。

女性ホルモンが影響!?定かではない子宮筋腫の原因と対策

女性で自分は関係ないと無視できない病気の1つが、子宮筋腫です。子宮筋腫は、子宮にコブのような腫瘍ができる病気です。命に別条はありませんが、不妊の原因となったり、月経に影響を及ぼします。治療法は、ホルモン治療や手術が有効とされていますが子宮筋腫になってしまう原因は定かではありません。

一番有力なのは、卵巣からのホルモンの働きが影響しているという説です。子宮筋腫は月経前の女性には見られず、閉経後の女性は小さくなる傾向にあります。こういった点から、月経を起こすホルモンが影響していると考えられるからです。しかし筋腫の芽が子宮内にできてしまう事に対しては、原因不明で現在も分かっていません。

筋腫の芽は生まれ持った物という説もあります。生まれ持った筋腫の芽が、月経による子宮の筋肉の動きで筋腫の芽が育つそうです。初経年齢が低下しているので、月経による子宮の筋肉の働きが長くなり、子宮筋腫が育つリスクが上昇しているという事なのです。

長く、女性ホルモンに含まれるエストロゲンという成分が影響しているのではないかと考えられてきました。しかし実験によってエストロゲンが筋腫の原因となるとは言えないという結果がでました。

エストロゲンは、子宮の筋肉を発育させたり、血液中のコレステロールを下げたりと女性にとっては必要な成分です。しかし、筋腫の芽が出る原因ではないにせよ、育てる原因の一つにはなっています。

他にも筋腫を大きくしてしまう原因にはストレスや生活習慣、免疫力が大きく関係してると言われています。筋腫の芽を持ってしまうのは避けられない事です。しかし、筋腫を育てないようにする努力はできると思います。普段の生活に気を付け、正しい女性ホルモンの分泌がされるような環境を作りましょう。