子宮筋腫

和食こそが予防に繋がる!伝統的な和食中心生活で子宮筋腫撲滅!

運動をして血液の循環を良くすることは、健康な体を持つ第一歩になりますが、これは子宮筋腫を出来なくするための予防策でもあります。ということは、タバコは有害にしかならないと言えるでしょう。何故ならタバコは血液の循環を悪くして、痩身効果を上げるようなものとしても知られています。良くはないですね。よく女性がタバコを吸うというのは見っとも無いと言われていますが、見っとも無いだけではなく、健康にも有害です。筋腫も出来やすくなるでしょう。やめられるものならばこれを機にやめてみてはいかがでしょうか?

有害なものと言うと動物性たんぱく質もそうでしょう。脂っこいもの、加工食品などなど、食べすぎは控えたほうがいいでしょう。それとは逆に大量に欲しいのは貧血や便秘を改善するために必要な、緑黄色野菜、鉄分、ビタミン、これらは女性の身体には特に重要な役割を果たしますから、ちょっと食べられない、思わずそう漏らしてしまうくらい食べるつもりで摂取しましょう。特に野菜などは摂取しようと思っても中々基準値まで食べることが難しい食物です。ですからこれくらい食べれば大丈夫かな?そう心配になるくらい食べるくらいでOKです。

子宮筋腫に良いとされる食べ物は、緑黄色野菜、きのこ類、豆類、レンコンや大根、かぼちゃ。そして魚も良いでしょう。これらに共通して言えることは、伝統的な和食料理こそが子宮筋腫を作らない食事だということですね。実際に食が和から洋になった途端、子宮筋腫もそうですが、女性疾患にかかる女性が急増し始めました。つまり、今までわたしたち日本人は、知らずに女性にもっとも適した食事を食べ続けていたということなのです。それをやめてしまったからこそ、今、子宮筋腫にかかる女性が増えているのです。

今だからこそ和食に食事を戻し、健康的な生活を送りましょう。これにより健康的な美を手に入れられ、更には病気も予防出来ますよ。

関連項目
女性ホルモン増加サプリって、摂取で子宮筋腫になりやすいって本当?

がん保険加入お断り!?子宮筋腫を持っていると弾かれるって本当?

医療保険加入をしたいと思う年代というものは、若いから大丈夫と言って、二十代の方がたは進んで入る方は少ないものですが、三十代くらいから上の方は積極的に入る様にしていますね。それと同じくがん保険加入も三十代くらいから入りたいと望む方が増えるものです。それよりも歳が上で加入すると、月々の費用がかかるようになってしまうため、なるべく若いうちに入っておこうか、など思うわけです。

ですが昨今若いうち――それも三十前には子宮筋腫になる女性が増えており、医療保険加入が難しいと叫ばれていますね。(その理由は関連項目を参照ください)

関連項目
子宮筋腫ありで医療保険お断り?保険加入についてみんなの知りたい事

子宮筋腫持ちであるとなると医療保険加入が難しいように、同じくがん保険加入も難しく出来ています。何故ならば、子宮筋腫は子宮肉腫であるかどうかの判断がつきにくく、それこそ開腹手術をしてみて初めて分かった、なんてこともざらです。つまり、子宮筋腫が出来てしまった方は、子宮にがんを抱えている可能性があると判断されてしまうわけです。

既にがんになっている方が、がん保険加入はまず無理なのと同じように、子宮筋腫も肉腫である可能性がある限り、がん保険の加入が無理というわけですね。

女性である限り子宮筋腫は気をつけていても出来てしまうものです。男性とは違い、ここが厄介ですが、ホルモンバランスが崩れているほどなりやすいため、ホルモンを正常な値に保ち続けることで、少しでもその可能性を減らす事を考え生活をしてみましょう。

子宮筋腫持ちですが自然分娩出来ますか?体験談を聞かせて欲しい

子宮筋腫と診断されてしまいましたが、昔ながらの方法として、私はどうしても自然分娩がしたい!そんな女性からの投稿がありました。確かに帝王切開では回数に限りがありますし、自然分娩で産みたいという気持ちは分からなくはありませんね。ですが子宮筋腫を持っている人とそうでない人では、やはり持っていない人の方が妊娠出来る確率は違ってくるはずです。妊娠が果たして出来るのか、そして妊娠してきちんと出産出来るのか、経験者の方から伺ってみました。

ある女性は三度の妊娠を経験したそうですが、そのたびに流産をも経験されているそうです。ただし、これは子宮筋腫の所為でというわけではないということなので、また他の要因があったのでしょう。出産経験はこの方は無いということでした。

そしてまた別の女性のお話ですが、こちらの方は子宮内膜症と子宮筋腫を患っていたそうですが、内膜症治療後、自然妊娠したそうです。妊娠期間中に子宮筋腫の大きさは少々大きくなったそうですが、問題はないほどであったのでそのまま出産。まだ子を設けたいという場合は摘出をするべきだろうと勧められたそうです。こちらの方のケースですと、妊娠に必ずしも筋腫は邪魔にならないということが分かるかと思います。

つまりこれから分かるのは、妊娠がしにくい状況になる方もいますが、それこそ筋腫の出来る位置によりなので、妊娠したい場合は出来てしまった筋腫が、妊娠に邪魔になるかどうかを医師に尋ねること。そしてこれが邪魔で妊娠しにくいと言われれば、その筋腫を摘出してしまい、妊娠のために子宮の状態を整える努力をすること。これが肝心ということでしょう。

決して子宮の形がいびつであるからといって、赤ちゃんが来ないとは限りません。妊娠出来る状態に整えること、これこそが重要なことなのです。子宮筋腫があるからといって、自然分娩を諦める必要もありません。子宮筋腫は妊娠期間中にぐんぐん育つことはそうありません。邪魔で産道から赤ちゃんが出て来れないなんてことも滅多にありませんから自然分娩は可能ですよ。