子宮筋腫

和食こそが予防に繋がる!伝統的な和食中心生活で子宮筋腫撲滅!

運動をして血液の循環を良くすることは、健康な体を持つ第一歩になりますが、これは子宮筋腫を出来なくするための予防策でもあります。ということは、タバコは有害にしかならないと言えるでしょう。何故ならタバコは血液の循環を悪くして、痩身効果を上げるようなものとしても知られています。良くはないですね。よく女性がタバコを吸うというのは見っとも無いと言われていますが、見っとも無いだけではなく、健康にも有害です。筋腫も出来やすくなるでしょう。やめられるものならばこれを機にやめてみてはいかがでしょうか?

有害なものと言うと動物性たんぱく質もそうでしょう。脂っこいもの、加工食品などなど、食べすぎは控えたほうがいいでしょう。それとは逆に大量に欲しいのは貧血や便秘を改善するために必要な、緑黄色野菜、鉄分、ビタミン、これらは女性の身体には特に重要な役割を果たしますから、ちょっと食べられない、思わずそう漏らしてしまうくらい食べるつもりで摂取しましょう。特に野菜などは摂取しようと思っても中々基準値まで食べることが難しい食物です。ですからこれくらい食べれば大丈夫かな?そう心配になるくらい食べるくらいでOKです。

子宮筋腫に良いとされる食べ物は、緑黄色野菜、きのこ類、豆類、レンコンや大根、かぼちゃ。そして魚も良いでしょう。これらに共通して言えることは、伝統的な和食料理こそが子宮筋腫を作らない食事だということですね。実際に食が和から洋になった途端、子宮筋腫もそうですが、女性疾患にかかる女性が急増し始めました。つまり、今までわたしたち日本人は、知らずに女性にもっとも適した食事を食べ続けていたということなのです。それをやめてしまったからこそ、今、子宮筋腫にかかる女性が増えているのです。

今だからこそ和食に食事を戻し、健康的な生活を送りましょう。これにより健康的な美を手に入れられ、更には病気も予防出来ますよ。

関連項目
女性ホルモン増加サプリって、摂取で子宮筋腫になりやすいって本当?

子宮筋腫エコーで発見!けれど子宮内膜症はエコーじゃ発見できない?

不妊治療などで婦人科を訪れたり、年に一度の定期健診で受診したり、婦人科を訪れる理由は皆様々かと思われますが、そこで妊娠出来るように子宮の中が健康でいるかどうか、検査をすることになった方がいました。その方は医師からエコー検査を終えると子宮の中は綺麗なものですと言われたそうですが、果たしてエコー検査で子宮筋腫など、完璧に見つけることが可能なのだろうか?そう思ったそうです。

もしも妊娠しにくい身体であるならば、治療を早く始めたいと思っていたため、子宮筋腫も子宮内膜症も、かかえているならば今すぐにでも治療したいと思っていたための疑問だったようですが、エコーで確実に子宮筋腫や子宮内膜症は、あるなしがはっきりと分かるのでしょうか?

子宮筋腫は小さな粒の様なサイズのものでも、エコー検査で見つけられるものです。1cmの子宮筋腫がありますね、そんな医師からの診断もあるくらい、高精度に調べられるものです。ですが子宮内膜症に限りこれは適用されません。

子宮内膜症でエコー検査で確認出来るのは、それこそチョコレートのう腫ぐらいのものだと言われており、開腹手術になってから初めて分かる内膜症のほうが多いくらいです。血液検査で発見出来ることでも知られる内膜症ですが、血液検査の結果、異常なしと出たとしても子宮内膜症はある場合もあり、エコーでも血液検査であっても、調べるのは確実性で難ありと言えるでしょう。

不妊症の約半数の方が子宮内膜症が疑われているのだそうです。ですが検査では内膜症はあらゆるところに出来るため、エコーでは確実にあると断言できるまでの発見に至らないことが多いのです。(表面を見ても裏側に内膜症があったりすればエコーには映りませんので分かりません)

関連項目
子宮筋腫の検査方法とその費用について知りたい!目安はどのくらい?

子宮筋腫で月経過多!出血が止まらない!それは病院を変えるべきです

子宮筋腫があり、月経過多の症状が出ている人は多いでしょうが、実際にとんでもないほどの量の血が出ている上、その生理期間そのものが2週間以上ともなれば、話しは別でしょう。どうすればいいのか分からず、医師に判断を仰ぐべく何度も何度も婦人科を訪れたそうですが、薬を倍処方されただけで効果はなし。とうとう出血の続いている期間が2か月に突入しそうとのこと。

ここまでくると最早子宮筋腫を摘出すべきなのではないか、など他人事であれば考えられますが、当人からすればそれで済むのかどうかも分からずただただ不安でしょう。それどころか医師の勧めで薬を増やしたのに効果がないとなればどうしたらいいのか分からないし途方にくれるというものでしょう。

月経過多の場合、どのような治療法が他にはあるのか、薬を服用しても駄目な場合、どうすればいいのか。そもそもそれを考える前に、出血の続いている継続日数こそが問題でしょう。2カ月もの間、出血は止まっていない。むしろ止めることが出来ない医師側の責任のほうがあるように思えます。

まずはセカンドオピニオン、そして自身でも子宮のどこにどれくらいの大きさの筋腫があるのかを把握することに努めましょう。まずは医師と相談してください。止血剤などを処方して貰い、使用するのもいいと思いますよ。それでやっぱり納得がいかない、説明不足に感じる、改めて相談をしてみてそんな結果でしたら次の病院を探すべきでしょう。そして病院を探す基本ですが、総合病院、更には大学病院などの大きな病院を探す様にしてみてはいかがでしょうか?大きな病院ですと治療も手術も、安心出来ますよ。