子宮筋腫

子宮筋腫ありで医療保険お断り?保険加入についてみんなの知りたい事

がん検診を受けたり、健康診断を受けたりする中で、子宮筋腫が見つかることはままありますが、その見つかった筋腫が、たとえたった1cm程度の大きさであったとしても、医療保険お断りを申しつけられることを、あなたは知っていますか?

たった1cmであろうとも、筋腫は筋腫。病気持ちでは加入は難しいと言われ、保険加入をお断りされた事例はよくありますが、実はこれ、子宮筋腫が見つかり、その筋腫が直ぐに取らなければならないものかどうかを調べてみて、そのままで問題ないと医師から断言されたものであっても、保険に入れないのです。

ほとんどの保険会社が医療保険に子宮筋腫持ちであると、加入その者が出来なくなっており、時折子宮筋腫とその他女性器の疾患以外でならば引き受けOKとするところもありますが、基本的に子宮筋腫を持っていればどちらにせよ加入は断られるのが当たり前と考えた方がいいでしょう。ではそれは一体なぜなのでしょうか?

子宮筋腫というものは、女性ホルモンが分泌されていれば徐々に放っておいても育っていってしまうものです。つまり、閉経までの間、何もそれを止める要因が無ければ、育ち続けるという前提がもう存在してしまっているのです。そのため確実にいずれはですが、手術をして、筋腫を摘出しなければならないと決まっている病気との認識が、存在しているわけです。実際に放っておいて40cmの筋腫になった、などという記録さえ残っています。

ただし、子宮筋腫を摘出してから5年経ち、この人は完治したと医師からの判断が降りたものについてはこの限りではありませんので、医療保険に加入出来るので、一度子宮筋腫だと言われたからと、医療保険加入を諦める必要はありません。時期を待って、それから加入をお勧めします。

関連項目
子宮筋腫摘出から一転、子宮肉腫だった!?子供は産めるよね?

不妊症、3割は子宮筋腫を持っていた!筋腫が無くなれば妊娠する?

こんな数字があります。不妊症で中々妊娠できず、困っている。早くしないとと焦りながら婦人科を訪れるのだそうですが、その不妊症を訴え病院へ来られる方がたのうち、少なくとも3割の方が子宮筋腫などの子宮内にちょっとした妊娠がしにくい環境が出来上がってしまっているために、妊娠出来ないのだそうです。知っていましたか?子宮筋腫があるがゆえに、妊娠は極めて難しい状況になりうることもあるのです。

子宮筋腫もそうですが、子宮内膜症もそうです。これがあることによる、妊娠のしにくい環境が出来上がってしまうのです。更には妊娠、出産の経験を長く持たないことで子宮内は受精卵の着床がしにくい状況に更に発展していき、子宮筋腫や子宮内膜症が無くなれば済むと言う問題だけではなくなっていくのです。必要であれば子宮の内部、その皮を薄く切ることも重要になってくるでしょう。

子宮内部は妊娠、出産をすることで、皮が平らで綺麗に保たれます。ですが長くそうした形で子宮を使用してこないと、子宮はでこぼこと凹凸を勝手に作り始めてしまうことがあるのです。子宮内膜症や子宮筋腫の他になので、これらを取り除いた時に分厚い壁が内側に作られていたと言う場合は、これらを綺麗に取り除く必要もあるでしょう。

不妊症で自宅に引きこもって、どうしたら赤ちゃんを妊娠出来るのかしら、そう考えているくらいでしたら、医師に相談して子宮内の環境を整えましょう。子宮筋腫を持っていることで妊娠がしにくいということを理解し、定期的な検診を受けられるようにしてください。妊娠出来る時期は限られています。ですから生理などが何かおかしいと感じたことはないか。腰痛がひどいと感じたことはないかなど、子宮筋腫や子宮内膜症の症状が一つでも思い当たるならば婦人科の医師に相談してみましょう。もしかしたら筋腫が不妊原因だったこと、なんてことが判明するかもしれませんよ。

子宮筋腫の治療って、手術と薬物療法にのみ保険適用?皆の知りたい事

子宮筋腫の治療は大きく分けて二通りありますね。薬物療法などによる、成長を遅くするための方法。もう一つが手術による筋腫の摘出です。その時出来る治療というものはその時々で変わってくるものですが、それのみで治療を考えられない時もあるでしょう。

やはり手術ともなればお金が必要です。薬物療法であってもそれは同様でしょう。となると矢張り金銭面で考えて、これは受けられる。これは受けられない。今は受けられる。今は駄目。そういったあなたの事情も絡んでくるはずです。ですが医療保険に加入していれば?問題はまた変わってくるはずでしょう。

関連項目
がん保険加入お断り!?子宮筋腫を持っていると弾かれるって本当?
子宮筋腫ありで医療保険お断り?保険加入についてみんなの知りたい事

関連項目を読んでいただければわかるかと思いますが、子宮筋腫を患ってからでは医療保険もがん保険も加入は難しいでしょう。ですがその前の段階であれば、加入は簡単です。大きな傷病を患っていない限り、保険加入が出来ます。ですから女性疾患にかかる前に、もしくはそうした病気の診断がおりる前に保険の加入は済ませてしまうほうがよいでしょう。

若いうちであればがん保険も医療保険も支払い金額は安価です。ですが歳を取ってからがん保険加入をする、医療保険加入をするなどすると、どうしてもお高くついてしまう。ある意味ではいい機会ですのでこれを機に医療保険だけでも加入してしまうことをお勧めします。

さて、話しは戻りますが、子宮筋腫の治療に関わる医療保険の適用項目というものをお知らせします。現在医療保険で保険適用がなされ、お金がおりるものは以下になります。

:薬物療法による治療
:開腹手術などの従来から受けられた手術

そして逆にお金がおりてこない保険適用外のものも存在しますのでここをよく注意しておいてください。

:子宮動脈塞栓術
:集束超音波治療

これらは治療にかかる金銭の保険は適用されてきませんので、高額医療費控除の申請をするより他ありません。

関連項目
子宮筋腫の治療法、超音波から開腹手術まで様々、一体どれがいいの?