子宮筋腫

排便時にズキン!痛みに飛び上がるそれ、痔じゃなくて子宮筋腫かも!

子宮筋腫を持っていると言われた方でこのサイズならば一年に一度の受診で暫く様子見にしましょう、そう言われるのは珍しくないとはいえ、あまりにも無症状過ぎる場合は一年も先のこととなると忘れてしまいがちです。実際に二年くらいたってから次は見せて貰えばいいかな?なんて医師から言われた方もいるそうですが、四年くらいたってから、症状が出てからそう言えば子宮筋腫があるって言われていたっけ、なんて思い出す方だっているとのこと。あまりにも遠い予定は忘れてしまうものですよね。

腰痛や腹部のつっぱり、そんな一見すれば別の病気と思いがちな症状が出るくらいで、子宮筋腫と分かりやすい症状――出血や、生理が重いなど、そういった症状でなければ中々思い出さないものです。他の病気かなと思って病院にいって検査をしてみて子宮筋腫だったことを思い出す症状の中にこんなものがありました。排便、排尿時の痛みです。

排便時、子宮のあたりからお尻の穴にかけて、ずきーんと激痛が走ることがあります。痔なのかと思って病院に恥ずかしがりながら行くと、直ぐにも婦人科に回されてしまい、何で?と考えていた所、子宮筋腫がだいぶん大きくなっていますね、なんて言われるわけです。

けれど逆の場合もあります。子宮筋腫なんじゃないか、逆にそう早合点してしまうことで目が曇ってしまうこともあるのでご注意ください。排便痛は子宮筋腫だけに起こるものではないものです。痔もそうですが、同じく子宮で子宮内膜症でもひどい排便痛がします。

一番いいのは総合病院などの大きな病院にいくことでしょう。そこで今現在の症状を訴えることで、すっきりと痛みの原因が理解出来、また治療もスムーズにいくことと思いますよ。

関連項目
お腹が張る?子宮筋腫だと気が付いた時には10cm超えに成長していた!

女性が知りたい、子宮平滑筋腫、なんだか怖そうなこれ、お答えします

筋腫、というのはその名の通り、筋肉から発生する腫瘍のことです。(おでき、とも呼ばれることがある)筋肉は大きくわけて二通りに分けられます。一つは横紋筋と呼ばれ、これは手足などを動かす事が出来るものです。これがないと運動機能が制限されてしまう、というわけですね。手足を動かす事が出来るのは、ひとえにこれのお陰です。お世話になっているつもりがなくとも日々お世話になっているものですから、何となくでもいいので覚えておいていただければと思います。

そして今回のメインテーマでもあるのが、平滑筋です。平滑筋というのは、臓器――この場合の例としてあげるなら、心臓や腸などの臓器、そして子宮もこの平滑筋によって動かされていますね。これら臓器の筋肉が平滑筋と呼ばれています。人間の身体の中にはこの横紋筋と平滑筋の二種類が存在しますが、この二つの筋肉が健康であることで、わたしたちは日々、身体を動かす事が出来ているわけですね。

けれどこの平滑筋というもの、筋腫が発生するのはほとんどがこちらからなのです。更に言えば、子宮はもっとも筋腫が生まれてしまうとされる臓器なわけです。ですから女性と言うだけでこれからの人生を筋腫と付き合う運命にある、と言っても過言ではないわけですね。悲しいことです。
(⇒女性であれば子宮筋腫にはなる?

最近では、時折目にする子宮平滑筋腫という文字列なのですが、これは筋腫が発生する筋肉がそもそも二種類しかありませんので、筋腫も平滑筋腫か横紋筋腫としか呼ばれていません。更にそこに臓器関係は平滑筋しか存在してはいません。ですから子宮筋腫は子宮筋腫とも呼ばれますし、子宮平滑筋腫とも呼ばれているわけです。

名前が変わった途端になんだかもっと悪いような、もっと難しい場所に筋腫が生まれてしまったような感覚に陥りますが、決してそんなことはありません。

集中できない!病院にいって調べてみたら子宮筋腫!どういうこと!?

前はこんなミスしなかったのに……ちょっとしたうっかりが普段から増えてきたという方、おりませんか?実はこれ、子宮筋腫が原因かもしれません。常にいらいらとして見える。常に注意力散漫で辛そうに見える。そういった方は結構な人数いるかと思いますが、あなたはどうでしょうか?今回はこんなケースのご紹介になります。

ミスが続いていたある女性がいました。この方はあまりにも様々なことに集中できない。私生活でも存外、様々なところに危険が潜んでいるものですが、集中力が切れているような状態で何かをやると、怪我をしますよね?何度も怪我をして、いい加減これはおかしい。危機感と共にそう感じたとのことです。その方は仕事もしていらしたのですが、仕事場でも「最近どうかしたの?ミスが多くなってきたよ?」そう心配されてしまう始末。これでは困ってしまいますよね。不安に感じても仕方ありません。

そこで総合病院で診て貰うことになったそうです。「恐らくどこか悪くなったのに違いない」そう思ったからですね。これは大変賢明な判断だと思います。そして実際に検査を繰り返していくと、最初は総合内科でしたが、気がつけば婦人科に居たそうです。婦人科?疑問に感じるかもしれませんが、実はこの婦人科で子宮筋腫が見つかったのです。

子宮筋腫――それも見つかった当時のサイズはその時点で10cmを越えていたそうです。直ぐにも手術の日程がたてられ、摘出になったそうなのですが、手術から一カ月後、医師から仕事に復帰してよしの言葉を貰い、仕事に戻ったそうですが、注意力散漫だったのが集中力も戻り、ミスも全くなくなったそうです。

これには驚いたとのことですが、実際このようなことは子宮筋腫でなくともあります。腫瘍が内臓の中に出来てしまったため、ちくちくとした痛みがあり、中々仕事に集中できなくなった。このような方は多いのです。ですが少しずつ痛みが生まれるため、分からない。そして症状もそれにより変わりますが、子宮筋腫の場合、月経が酷くなったり、出血量が増えたりもしますので、確かに仕事に集中は難しくなるかもしれません。そのため筋腫摘出により、集中力がもどったのでしょう。

注意力が散漫ですよ、仕事に集中していますか?最近よく言われるようになったというあなた、一度総合病院で症状を訴えてみてはいかがでしょうか?子宮筋腫でなくとも、何か病気が見つかるかもしれませんよ。
(⇒胃が張る?胃では無くて子宮筋腫かもしれません!