子宮筋腫

今最も利用されているホルモン療法による治療で子宮筋腫を縮める!

今もっとも利用されている治療というのはホルモン剤を使う薬物療法になります。薬物療法というと、子宮筋腫の場合は漢方なども一般的と言われていますが、漢方は基本的に徐々に身体を、体調を、整えていくものであり、即効性の力はありません。このホルモン剤は即効性の力があり、直ぐにも子宮筋腫を直接的に小さくするものなのです。――と言っても漢方は数カ月から年単位で考える治療に対し、このホルモン剤投与の場合は月単位の時間を要するため、即効性といっても、今日投与したから明日きくというレベルのものではありませんのでご注意を。

Gn-RHアナログ療法と呼ばれるこのホルモン剤を使う薬物治療ですが、これは投与することで卵巣機能の低下により、排卵や月経を止めることが出来ます。そして子宮筋腫が小さくなっていきますので、症状は改善されるでしょう。特に月経が一時的ですが止まるので、貧血症状がひどかった方などは症状が改善されます。

ただし、使用時の副作用として、一時的に卵巣を強く刺激するので使い始めは性器出血が起こる可能性が示唆されており、逆に悪化したと感じる方も中にはいるでしょう。ですがこれは一過性のものなのでご心配なく。それよりもむしろ、このホルモン剤投与をしている期間は、長期間にわたり骨量が減ってしまっているために、骨粗しょう症になりやすいので、そちらに気をつけなければなりません。

子宮筋腫の大きさは小さくなりますが、あくまでもこれは一時しのぎにしか過ぎません。何故ならばこれは投与を長く続けられないホルモン剤であり、更にはこの服用を止めると直ぐに月経が再開してしまい、筋腫も元の大きさに戻っていきます。手術前に体調を整えるために利用されるものでもあるため、一時的にきけばいい場合にしか使わないことのほうが多いものですが、筋腫を温存したいのであればこのホルモン剤を使用することは無意味であるとも言えるのかもしれません。

関連項目
10センチ超えの子宮筋腫!メスが怖いから温存出来ない?実は出来ます
漢方で子宮筋腫の症状緩和、切らずに温存するなら漢方がおすすめ!

子宮筋腫と診断されたのですが、未婚の私、妊娠って出来なくなるの?

性体験は皆さん、いくつで済ませましたか?昨今では性体験を済ませる年齢が、以前より若年化しているようですね。ですがそれにより、子宮頚がんが最近では若い女性の間で流行っているというのも事実。避妊をしないセックスにより、この子宮頚がんになる確率がぐんと上がります。つまり、セックスの体験の有無という、中々人に尋ねるのをタブー視されるような問題こそが、この子宮頚がんには重要な問題なのです。

ですから子宮頚がんを恐れ、逆に貞操観念を昔のように強く持っている女性も多く存在し始める様になった、それが現代。性に対するモラルが以前よりも引き下がったかと思えば、病気を恐れ大切な人が出来て、結婚をしてからと貞操を強く重んじる一部の女性もいるという、バランスがとれているんだかいないんだかな状況が出来上がってしまったわけです。

ですがそうした子宮頚がんを恐れ、セックスを未婚の間はしないと決めている女性であっても、子宮筋腫になってしまいました。「セックスしていないし、未婚だし、出産経験すらないのになぜですか!」このように医者に訴える女性が少なくないそうです。ですが疑問に感じている通りではあるのですが、子宮筋腫は「未婚であっても」「出産経験がなくとも」「セックスの経験が全くなくとも」なりうる病気なのです。

確かにセックスにより女性器周辺にがん細胞が生まれる確率が上がります。現在ではセックスを経験したら、がん検診を受けるべきとすら言われているほどです。けれど子宮筋腫はこれとは別です。それこそなる人は防ごうと思っていてもなるものですし、ならない人は全くなりません。そもそも十代から二十代女性で、生理痛が重いわけでも全くない人でも、20%の確率で子宮筋腫を持っているというデータすらあります。

ですがご安心ください。子宮筋腫を持っている状態であっても、セックスも出来ますし、妊娠も出来ます。出産だって出来ますからご安心くださいね。子宮筋腫を抱えたまま妊娠したとしても、赤ちゃんが出産されるまでの間、子宮筋腫は大きくならないと言われています。ですから医者が止めるような事態ではない場合、気兼ねなく妊娠出産が出来ますよ。

関連項目
SEX中に気づきました、それは放っておけない子宮筋腫ですよ!

女性が知りたい、子宮平滑筋腫、なんだか怖そうなこれ、お答えします

筋腫、というのはその名の通り、筋肉から発生する腫瘍のことです。(おでき、とも呼ばれることがある)筋肉は大きくわけて二通りに分けられます。一つは横紋筋と呼ばれ、これは手足などを動かす事が出来るものです。これがないと運動機能が制限されてしまう、というわけですね。手足を動かす事が出来るのは、ひとえにこれのお陰です。お世話になっているつもりがなくとも日々お世話になっているものですから、何となくでもいいので覚えておいていただければと思います。

そして今回のメインテーマでもあるのが、平滑筋です。平滑筋というのは、臓器――この場合の例としてあげるなら、心臓や腸などの臓器、そして子宮もこの平滑筋によって動かされていますね。これら臓器の筋肉が平滑筋と呼ばれています。人間の身体の中にはこの横紋筋と平滑筋の二種類が存在しますが、この二つの筋肉が健康であることで、わたしたちは日々、身体を動かす事が出来ているわけですね。

けれどこの平滑筋というもの、筋腫が発生するのはほとんどがこちらからなのです。更に言えば、子宮はもっとも筋腫が生まれてしまうとされる臓器なわけです。ですから女性と言うだけでこれからの人生を筋腫と付き合う運命にある、と言っても過言ではないわけですね。悲しいことです。
(⇒女性であれば子宮筋腫にはなる?

最近では、時折目にする子宮平滑筋腫という文字列なのですが、これは筋腫が発生する筋肉がそもそも二種類しかありませんので、筋腫も平滑筋腫か横紋筋腫としか呼ばれていません。更にそこに臓器関係は平滑筋しか存在してはいません。ですから子宮筋腫は子宮筋腫とも呼ばれますし、子宮平滑筋腫とも呼ばれているわけです。

名前が変わった途端になんだかもっと悪いような、もっと難しい場所に筋腫が生まれてしまったような感覚に陥りますが、決してそんなことはありません。