子宮筋腫

10センチ超えの子宮筋腫!メスが怖いから温存出来ない?実は出来ます

子宮筋腫で大きさが4cmでした。これはまだ小さいので様子を見る形で定期的に受診してくださいと経過観察を言い渡されました。ですがこれが育ってくると10cm、さあ手術ですねと言われてしまい、すっかりと怯えてしまった。そりゃあそうですよね。まだ大丈夫、大丈夫なんて言っていたかと思ったら、急に手術なんて言われたようなものです。すっかりと怯えてしまっても仕方ありません。

サイズがサイズですので開腹手術になりますなんて言われた日には、メスが怖いので手術したくありません。なんて思わず返してしまうほど。どうにかして子宮筋腫を温存する方向で行きたいものです。何か方法はないのでしょうか?

子宮筋腫というものは、基本的に女性ホルモンの分泌により成長するものです。ということは女性ホルモンを活性化させないために、イソフラボンは食べないこと。ビタミンEを摂る量を減らす事、などなど。気をつけられることは沢山あるはずです。

キャベツや果物の中に含まれるボロンも良くありません。女性ホルモンを活性化させるこのボロン、体内に入ることで体内の女性ホルモンが活性化されてしまい、子宮筋腫にとっては毒になります。

ただし、これ以外にも女性ホルモンや女性ホルモンを活性化させるもの、これらはまだまだ沢山あります。それら食品を摂らないことで成長を押さえることが出来ますが、ある種断食にも似ていますから、可也厳しいとも言えるでしょう。

無理にこれを食べてはいけない、など制約をつけて食事をしているのは自分でも辛いはずです。手術でばっさりやってしまうか、それとも温存するために食生活で子宮筋腫を引き締める方向でいくか、ご自身で判断してくださいね。

関連項目
食事療法で子宮筋腫を小さく出来る?そこのところ詳しく教えて!

手術が怖くて仕方ない!子宮筋腫除去後の快適さを知れば怖くない!

手術をいざ受けることになると大体の人が尻ごみするものですが、手術が怖い、メスが怖いで手術時期を逃してしまい、更に悪化の一途では意味がありません。ただし子宮筋腫の場合は日常生活に支障が無ければ医師は摘出しなくともいいかな?とも言うために、手術を受けるのも結局ご本人の意思に沿わせて行われるため、自分で決めるのが苦手な優柔不断な方ほど困るものです。

けれど実際に手術した方からお話しを聞きますと、術後の快適さを知ると、どうして手術しなかったのか信じられないという方は多いですね。これはよく痔の手術などでも言われることですが、手術をすべきと言われたら、矢張り受けるべきなのだなと思わされる言葉でもあります。では実際、術後の生活はどのような生活なのでしょうか?術前に比べてみて、どれくらい楽になるのか尋ねてみました。

術前は生理の出血量が多く、長く生理が続き貧血で毎日ふらふらとしていて大変だった。更には筋腫が育ってしまい、痛みで病院へいくのも一苦労だったとのこと。ですが術後は痛みでいつの間にか背が縮こまっていたようで、背を伸ばしてぴしっと毎日歩けるため、周囲からは前よりもちゃんとしている、良く見えると言われるようになったそうです。そして何より身体が軽いということで、痛みと貧血などによりどれほど身体がだるく感じられていたのかが分かるお言葉でした。

1キロの大きさの筋腫を取った方などは凄いものでした。子宮全摘出だったそうですが、傷が治るにつれ体調がぐんぐん良くなっていき、趣味に打ち込めるようになり毎日楽しいという、弾んだ声が聞けました。傷跡もほとんどなくて日々薔薇色だそうですよ。

人によっては術後に対する不安があり、ナーバスになり過ぎて鬱になり、自宅に引きこもりがちになるそうですが、実際の術後は楽しくて仕方ないそうです。失敗ばかり恐れていないで、まずは術後の身体が軽くなった自分のイメージからスタートしてみませんか?きっと手術に前向きになれるはずですよ。

関連項目
10センチ超えの子宮筋腫!メスが怖いから温存出来ない?実は出来ます
子宮筋腫の治療法、超音波から開腹手術まで様々、一体どれがいいの?

子宮筋腫合併妊娠、リスクが高い出産であるためお断り?噂の真相!

子宮筋腫合併妊娠が必ずしもリスクの高い出産に繋がるものではないとは言いますが、リスクが高い出産も中には確実に存在してるのも事実。確かに出産時にも産道通過障害、微弱陣痛のために帝王切開の必要性が増しますので、メスを取る必要性を考えるとリスクを考えるでしょう。何故ならば子宮筋腫のお陰で帝王切開時には確実に出血量増加も懸念されていますから、出産時のリスクは高すぎるとも言えます。

開業医のところに子宮筋腫合併妊娠の方がそうとは知らずに訪れた時、こう言われて総合病院へ行くよう言われてしまったと言います。「うちではちょっと、受け入れ出来ません」なぜこのようなことを言われてしまうのか、ですが、受け入れ拒否の理由は、出産時に出血が多く、何か大事があればそのまま向かうよう言った総合病院にそのまま運び入れが決定しているのだそうです。ですから自分のところでは少々難しいし、いっそそちらのほうがいいだろう、ということのようです。

ただ、開業医は総合病院よりもお産の際には食事面や、ケア等で気を使ってくれることが多く、ここで産んで見たい!と思わせるような場所が多いため、総合病院よりもそちらのほうが……と思われるのはそうした理由のようです。だからこそ総合病院でもうちよりも開業医の方がいいと言う人もいますし、そちらでも出来ますが?と、こちらは気を使って言ってくれるものです。確かに必ずしも子宮筋腫合併妊娠であるからといって、総合病院で出産を迎える必要があるほどであると決められるわけではありませんが、開業医などの小さな病院では、敬遠されてしまう出産になることは悲しいことですが間違いないのです。

ただし誤解ないようにしていただきたいのですが、必ずうちではお断り!と言われるわけではありません。きちんとそうした方でも受け入れてくれる小さな病院もありますので、粘って探して見るのも良いでしょう。ただし、矢張り何かあれば大きな病院へ向かわねばなりませんよ、と言われることになりますが、それだけは念頭に置いて、お探し下さいね。