子宮筋腫

子宮筋腫で腰痛が酷い、けれど別の病気の可能性は?可能性を考える!

症状のそれの一つとして、子宮筋腫に腰痛があるわけですが、症状がこれだ!とズバリ分かりやすく出るわけではないため、検査もせずに子宮筋腫かそうでないかは決めにくいものがあります。気になるならば、病院へ検査に行くように、とお勧めするところですが、実際に病気だったら怖いじゃないですか!という声も分かるために、中々そう軽く病院を勧めることも難しくはあるところ。ですがもしも、その腰痛が子宮筋腫によるものではなかったとしたら、どうでしょうか?今までのように、本当に放っておけますか?

子宮筋腫の症状の一つとしての腰痛は、腰がズキズキ痛くなってくるものや、ずくずくと疼くように、じわじわと痛むものなど様々あります。矢張り筋腫の出来ている場所により、痛みの程度や具合も変わってくるため、そこは仕方ないことなのでしょう。一概にこうとは決められません。

そうして腰痛による痛みがあるものの、病院に中々行かない女性達がいますが、そこで「最近生理不順だから、もしかしたら子宮筋腫だからその所為で腰痛?」と、自己診断で勝手に決めてしまう方がいます。ですがそれは間違いですよ。何故なら腰痛を症状の一つとして持っている病気というものは、子宮筋腫だけではないのですから。

椎間板ヘルニアもその一つですが、これは脊椎骨の間の軟骨、これがぐにゃりと何かの拍子に元の位置からはみ出るようにずれてしまうことにより、神経などを圧迫することによる腰痛を引き起こすものです。脊椎分離症・すべり症、これもヘルニアと似ていますが、こちらは骨の一部が分離してしまう分離症、そして前に滑ってしまうことがある、これがすべり症と言います。これら三つは全て激しい運動などにより生まれる病気ですが、ヘルニアは、一定年齢になると軟骨がすり減ることでなるとも言われており、一般的な人でも決してなることはないと言いきれない病気です。

他にも幾つかありますが、内臓疾患などにより腰痛は起こるものでもあります。ですから子宮筋腫であると決めつけてしまわず、まずは総合内科の受診から始めてみてはいかがでしょうか?思わぬところで命拾いした、なんてことになるかもしれませんよ。

頑張り屋なあなたに注意!無理なダイエットで子宮筋腫になりやすい!

子宮筋腫の予防として気をつけることは様々ありますが、その中であなたはいくつ「これは出来る!」と言えますか?ストレスをためない生活が出来ますか?食事内容も子宮筋腫が出来やすい食事をやめることが出来ますか?身体を冷やさない生活が出来ますか?

仕事で立ったままでいなければならない販売の担当だとします。すると運動を常にしているわけではないため、血液の循環が滞りやすくなるため、これにより子宮筋腫が出来やすくなります。座ったままの仕事も同様です。けれどこれは辞めることが出来ないですよね?大切なお仕事ですから。ですから止めることが出来るとすれば、それは運動をしないことをやめることでしょう。身体を冷やさないもそうです。寒い中、スカートで生足なんてことをしていると、子宮筋腫になりやすくなりますから止めましょう。ストレスをためない生活もそうです――が、皆さん無理なダイエットをしていて、ストレスがたまっているのではないでしょうか?ダイエットも子宮筋腫には大敵なんですよ。

頑張り屋であればあるほどに、ダイエットは成功すると言いますね。ですがそうしてストイックに「痩せるぞ!」と頑張り、運動を続けた結果、ストレスがたまります。これがいけません。更には過剰なまでに運動や食事制限などをして体重を減らそうと努力した結果、ダイエットは成功したとしても、ホルモンバランスが崩れます。それにより、子宮筋腫が出来やすくもなるのです。

ダイエットを無理に頑張ろうとしてしまうのは良くないということですね。ゆっくりコツコツ、時間をかけて痩せる。これこそが子宮筋腫の出来にくいダイエットのコツですよ。

関連項目
女性ホルモン増加サプリって、摂取で子宮筋腫になりやすいって本当?

子宮筋腫って結局筋肉ですよね?もしかして筋トレで大きくなるの?

身体を鍛えるのが大好き!そういった女性も多くいるはずですが、そんな健康的な生活を送っていたとしても、遺伝的な問題で子宮筋腫が出来やすいなんて人もいます。ですから子宮筋腫を予防するつもりで運動をしていても出来てしまうこともあります。運動をすることで子宮筋腫が出来にくい身体になるものの、完全に防ぐことは出来ませんからそこは仕方ないことですね。

ただ気になるのは、子宮とは筋肉で出来た臓器でもあります。それは腸も同様です。ということは、子宮も鍛えられる臓器であるということでしょうか?筋肉で出来ているということはそういうことではないのでしょうか?ふとした疑問としてそれを思いついた女性がいたのですが、実際にどうなのでしょう?

子宮筋腫は筋肉が肥大する病気ではありません。ただ、ホルモンのバランスが崩れたり冷えたり、過敏症を引き起こすことにより、線維芽細胞というものが子宮内の内膜や筋肉に、一部の筋肉と置き換わるように生まれてしまうのです。

それが成長すると筋腫として肥大化していき、子宮筋腫として取り出さなければならないほどになるものですが、これは上記の状態――つまりは筋腫の芽が生まれた理由が改善されなかった時、線維化が更に進んでいくことで筋腫にまで成長するため、運動を続けたから、運動をやり過ぎたからなるということはないでしょう。

ただし、強いストレスを感じることでも子宮筋腫になると言われているため、過度のストレスを蓄積させるような運動の仕方はよくないでしょう。何事もほどほどに、そして身体はいじめすぎると良くないということですね。