子宮筋腫

子宮に良性腫瘍が見つかった!手術方法は?費用はどの位?

子宮の良性腫瘍とは、子宮筋腫を指します。子宮筋腫は命に関わる恐ろしい病ではなく、子宮の内外・周辺に出来るコブの様な物で、症状が無い場合は経過観察に成る場合が殆どです。

ですが、お腹の中に出来るコブなので、出来る場所やコブの大きさによって、腰痛を引き起こしたり、膀胱や尿管を圧迫して頻尿になったり、不妊症になったり、生理痛が重くなったりと、重篤な症状が出る場合も有ります。3cm以内の筋腫は漢方薬や薬で小さくする事が出来る場合も有りますが、厄介な自覚症状が現れた時の子宮筋腫は大きくなってる場合が殆どなので、手術で摘出しないと改善は出来ません。

子宮筋腫の摘出手術は開腹手術で行われる事が一般的です。下腹部を横に切り、直接医師が目で見て筋腫を摘出するので、手術時間が短く確実な手術方法と言えるでしょう。ただ、術後の癒着や入院期間が長くかかり、身体への負担も大きいと言えます。

お腹に数個の小さな穴をあけ、そこからカメラや器具を入れて行う手術を腹腔鏡手術と言います。子宮用の内視鏡を膣からいれて行う子宮鏡手術と言います。これらの手術方法は体への負担は少なく、入院期間も短くて済みますが、特別な設備が必要になる為、この手術方法が行える病院に限られまし、この方法では無理と判断されると、途中から開腹手術になる事もあります。また、医師の技術も求められる手術法と言えるでしょう。費用は

子宮筋腫だけの摘出ではなく、子宮全摘手術を選択する場合も有ります。子宮全摘手術の場合は開腹出術に成る事が多い様ですが、筋腫が5cm以内で出産経験が有る場合は膣から行う膣式手術も適応されます。

手術費用はどれも20~25万円程度でしょう。

何度も何度も、子宮筋腫が再発してしまう理由とは

婦人科健診等で子宮筋腫が発見され、筋腫の摘出手術をしたのに、また筋腫が出来た…と言う方が多く居ます。子宮筋腫は再発しやすい病気です。

では、なぜ再発してしまうのか?と言うと、実はまだ再発の原因は解っていません。そもそも、子宮筋腫が何故出来るかも、現在の医学では解明されていないのです。胎児に頃に子宮筋腫の芽が出来ているのではないか? と言う仮説が有る位です。

ただ、子宮筋腫が女性ホルモンのエストロゲンを栄養源としているのは解っているので、初潮から閉経までの女性ホルモンが活発に分泌されている年代の女性なら、誰でも子宮筋腫が出来る可能性が有りますし、筋腫を摘出しても、再度出来てしまう可能性が有る訳です。

この様に、子宮筋腫の発症要因は解りませんが、子宮筋腫の栄養源は解っているのですから、子宮筋腫が発見された人や、子宮筋腫の再発に不安のある方は、女性ホルモンと似た働きをするサプリメントの摂取には十分気を付けた方が良いでしょう。最近、ドラックストアなどでも良く目にするようになったバストアップサプリメントは、女性ホルモンを刺激したり、女性ホルモンと同様の作用を促す成分が多く含まれていますし、大豆イソフラボンも同様です。これらをサプリメントで摂取するのは避けた方が安心です。また、どの様な病気も、生活習慣や食生活が関わっている可能性も多々あります。バランスの良い食事を摂る、上質の睡眠を取る、敵的に適度な運動をする習慣を身に付ける等、日々の生活を改善する事も考えましょう。

子宮に筋腫が有っても、入れる保険ってあるの?

通常、保険は健康な人が万が一の場合に備えて入る為の物なので、子宮筋腫が発見されてからの加入となると、なかなか難しいと言えるでしょう。ただ、全く加入できないと言う訳では有りません。

子宮筋腫自体は、女性にとって、とてもポピュラーな病の一つですが、子宮筋腫の完治は現在手術しか有りません。手術となれば、入院期間も必要ですしね。また、手術で子宮筋腫を摘出しても、子宮筋腫は再発する事が多い病なので、保険会社にとって、子宮筋腫を持っている人は、リスクが高いと見るのです。

じゃ、子宮筋腫が有るのを隠して加入しちゃえ…と、子宮筋腫を隠して保険に加入した場合は、勿論、告知義務違反です。保険契約は解約されてしまうので、これは絶対に止めましょう。

では、子宮筋腫が発覚した後に入れる保険は…と言うと、子宮筋腫自体は命に関わる病気ではないので、死亡保障の保険には影響はありません。けれど、病気の保障では条件付きと成るでしょう。子宮筋腫は対象外とするとか、保険料が高くなると言った感じでしょう。

保険加入する為には病歴を元に診断書の提出が求められる場合が多く、子宮筋腫が発見される前と後だと、加入出来る保険の数がかなり違ってきます。終身タイプ・掛け捨てタイプ・更新タイプ等、様々な保険のタイプも有ります。今は数多くある保険会社を色々と比べて、一番本人に合った保険を組み立ててくれる会社も有りますし、それぞれの保険会社にプランナーも居ます。子宮筋腫が有る事をキチンと伝えて、どの様な保険が良いのか、相談するのも良いでしょう。