子宮筋腫

子宮筋腫を取ると自然分娩は無理?帝王切開の不安から解放されたい!

不妊治療をしていたわけでは無い方の例ですが、子宮筋腫の手術歴があり、子宮の手術を数度行っていた方が、自然妊娠をして出産に挑む予定でいたそうです。――とはいっても、自身が望んで自然妊娠、自然分娩予定だっただけですが。

おなかの赤ちゃんを撫でやりながら、婦人科で一応ですが自然分娩で大丈夫か尋ねてみたところ、何故か「帝王切開で予定しています」とすげなく言われてしまったそうです。自然分娩予定でいたところのこれだったため、ショックだったそうなのですが、もうこれ以上お腹を傷つけたくはないとのこと。それは誰しもそうでしょう。何度も同じ場所ばかり傷つけたくはないはずです。それまでは腹腔鏡手術などでお腹の中を浚うことはあったそうですが、お腹を直接切ったことはなく、手術の傷痕が残っていてもそう大きくはないそうです。

自然分娩ではどうして駄目なのでしょうか?通常、帝王切開を希望したとしても、そうそう簡単に叶えられるものではありません。何故ならば帝王切開は母体への負担が大きいため、医師としても切りたくないというのが本音。では、それこそ本当に何故?と言うことなのですが、もしもあなたが自然分娩を望んでいたとしても、その前に子宮筋腫の手術を何度も受けられていた場合、筋腫を切除した痕があります。この痕が複数残ってしまっており、子宮の壁が薄くなってしまっていることがあり、これにより今度は自然分娩に耐えられないということもあるのです。

ただし、子宮筋腫の出来た場所や出来た数などにより、更に話しは変わってきます。たった一つしか摘出していないのに薄くなっていて駄目というのはどういうこと!?という方も中にはいらっしゃるでしょうが、出来てしまった位置により、自然分娩に耐えられないと判断される可能性も中にはあるのです。

自然分娩はただ痛いだけではありません。初産であれば平均して12時間もの間、陣痛に苦しむことでしょう。更に長ければ三日くらいはかかる、とも言われています。その長い時間、自然分娩では子宮を酷使するわけです。子宮の伸び縮み、これに筋腫により薄くなった壁は耐えきれるか耐えきれないか――ですから医師としてはリスク回避をしようと考えてるのは当然のことなのです。後のちの保証問題などにも関わってくることですから、危険なことはやりたくないはず。ですから筋腫を取り除いた痕がネックで自然分娩が許可できない可能性もあることを、きちんと頭の中に入れておいてください。

術後は何を気をつければいい?家族だからこそ知りたいアレやソレ!

何の手術であれ基本的に初めての手術と言う方が多いはずですが、子宮筋腫が初めての手術である場合、何を気をつけるべきなのでしょうか?その手術内容により気をつけるものは様々あると思いますが、子宮筋腫ならではのものは、果たしてあるのでしょうか?細かな注意点を今回はあげて行こうと思います。

まずはお風呂ですが、これは他のどのような手術であろうとも、術後、完全に傷が塞がった。だから大丈夫だとの医師から許可が降りるまでは湯船に浸かることは禁止されます。ですから動ける様になったらまずはシャワーから浴びる様になるので、浴槽に浸かりたいと言う方は暫しの禁欲生活が続きます。

そして次に食生活です。何を食べてはいけない、そういった何かしらの制限はありませんが、お酒などは医師に相談してから飲むこと。これだけはご注意を。そして相談といった観点ではお仕事などの復帰も同様です。相談をしてから復帰するようしましょう。

そしてここが子宮筋腫の術後、一番重要なことですが――これはパートナーの方にもよくよく説明しておくべきでしょう。性交渉は術後、約一か月の間は駄目です。基本的に手術に挑み、それから約一か月の間は傷口が塞がっていないような状態です。(手術内容や傷が治るスピードも人により様々なので、全ての方が同じではありません)ですので基本的には一か月の間は性交渉はまず無理とお考えください。

更に注意点ですが、完全に手術の傷が治癒していない状態で性交渉を行った場合、感染症を起こしてしまう可能性もあります。ですから無理をせず、そしてパートナーとも医師ともきちんと話しあい、術後は性交渉に臨みましょう。
(⇒性交渉中の痛みにより子宮筋腫が発見される!

そして初めての手術を乗り越えた方には有り勝ちな話しなのですが、「以前と違う!こんなに言うことがきかないものなの!?」と、術後は思うことが多いです。ですから無理せずゆっくりと行動をすること。これを心がけるようにしましょう。焦りは禁物ですよ。それによりまた病院へ逆戻りと言う可能性もあるのですから。

鍼灸で子宮筋腫って小さくなるの?噂の真相をお答えします!

子宮筋腫が見つかってから手術はこのままの進行でしたら半年くらい経った頃に手術になるでしょう。そのような形で半年後、一年後などの手術の予定を立てられることがあるそうです。そうした場合、何故後日でいいのか、理由は子宮筋腫の育ち具合がそれくらいなら日常生活に差し支えないと思われたためですが、そのかわり逆に言えば、半年も経てば筋腫が他臓器を圧迫したりして、日常生活に差し支えるという、言い方が妙ではありますが、確証があるからでしょう。

そうした先々の手術の予定が立つ中、身内や友人などには手術の予定を話すのは当然かとも思います。そうして話していけば、子宮筋腫ならばこれをすれば少しはよくなると聞いた、などの民間療法や噂話なども耳に入るもので――面白い噂話も聞くことが出来るかも知れません。三人寄れば文殊の知恵ではありませんが、一人で医師にかかって、手術を決めてくるのもいいですが、噂話なんてものでも助かる道が見えて来るかも知れないので、中々これが馬鹿に出来ません。色んな方と話しをしてみるのも一つの手ですよ。

最近話題になっているのが鍼治療で子宮筋腫が楽になる。小さくなるという噂。本当なのでしょうか?実際に鍼灸院でこの噂の真相を尋ねてみたところ、鍼治療により自律神経を調整することが出来るため、子宮筋腫の症状の一つである生理痛のひどい症状などは軽減出来るでしょうとのことでした。ですが筋腫はそもそも筋肉の中に生まれてしまったものであるため、これを消そうというのは難しいとのこと。むしろやろうとしてみれば筋腫がかちこちに固まってしまい、悪化する可能性すら秘めているので危険とも言われました。

生理痛などが軽減したとしても、筋腫が消えるわけではないということは、子宮筋腫の症状が無症状になるだけで、筋腫そのものは体内にあるわけです。つまり、無症状のまま治ったと錯覚してしまうわけですから、これがどのような悲劇を生むか、想像するだけでも恐ろしいことですね。

この場合の噂はよくない噂だったようです。ですのでネットで話題だったからと鍼治療の先生に無理に頼んでみないこと。鍼治療の先生によっては出来るよと気軽に請け負うようですが、ほとんどの先生はどうなるか分からないので触りたくないという見解のようですので、実践するために無茶をしようとはしないでくださいね。

けれど噂は噂でも、きちんと効果のあるものもありますので、そういった話しを聞き、積極的に取り入れようとする試みは素晴らしいと思いますよ。

関連項目
食事療法で子宮筋腫を小さく出来る?そこのところ詳しく教えて!