子宮筋腫

子宮筋腫って気をつけていてもなるの?予防するにはどうすればいい?

子宮筋腫があっても、手術を直ぐにさあしましょう!とならないのは当然ですが知っていますよね?実は婦人科で「あなたには子宮筋腫がありますね」と診断された方の、およそ20%の方しか手術まで進まないと言われています。何故ならば、基本的に子宮筋腫は良性の腫瘍であり、日常生活困難ではない限り、そのままにするのが当たり前だからです。ただし、サイズが10cmを越えてしまい、13cm、17cm、このままでは子宮全摘出しなければならない!なんてサイズは筋腫どころか子宮を半分または全摘出しなければならない可能性もありますので、取らないなんて発想を医師が持つこといは有り得ません。

ではそうした直ぐに手術をしない子宮筋腫ですが、直ぐに手術をしないと分かっていても病気は病気、怖いものです。いつどうなるか分からないし肉腫の可能性も全くないとは言い切れません。となると、これをどうにか予防したいと思うのは当然でしょう。しかし、残念ではありますが、現状、子宮筋腫を出来ない様に予防する方法というものは確立されておりません。何をすれば出来ない!という確約がないのです。

今現在分かっていることは、あなたがストレスなく生活を送れること、血液の循環を正常な値で保てていること、身体を冷やさないことなどなど……様々言われていることがあります。

つまり子宮筋腫になってしまいやすい人は、一日中寒いところでオフィスワークをしている人、立ち仕事の人は子宮筋腫が出来やすい、ということですね。座りっぱなし、立ちっぱなしなど、血液の循環が滞りやすい仕事をしている人はよくないのです。更にはストレスもよくないので十分睡眠を取って、休日は気分転換をして楽しく過ごすなど、気をつけることは山ほどあります。

食事療法で子宮筋腫を小さく出来る?そこのところ詳しく教えて!

こんな噂があります。それは「食事療法で子宮筋腫を小さくすることが出来る」というものです。では実際、この噂は真実なのでしょうか?実際に子宮筋腫になってしまった方などの中には、食事療法で治した方はいらっしゃるのでしょうか?

実際に医療の現場では不可能と言われている子宮筋腫の食事療法での縮小術ですが、この「女性のためのナチュラル・ハイジーン」という本の中には子宮筋腫を食事療法で小さくし、かつ筋腫そのものを無くすといった内容が掲載されています。では食事療法で治した方は実際にいるということになりますね。何を気をつけて食べればいいのか、それとも何かを食べる様にするのだろうか、食事療法で治るというのであれば、その具体的な方法を知りたいものですね。

ローフードを勧める医師などには絶賛されている本になりますが、内容としましては食生活を改善――ではなく、本来の状態へ戻すことにより、病気の寄りつかない生活に回帰するというものでした。

動物性たんぱく質を多量摂取している欧米の女性達。彼女達は初潮を迎える年齢が弱冠11歳だそうです。そして日本も同様に動物性たんぱく質を多量摂取する食生活にシフトしていった結果、初潮を迎える年齢は12歳と若くなっています。これは第二次世界大戦前が平均15歳となっていることに対し、あまりにも若くなりすぎたと言えるでしょう。

この本によると、そうした動物性たんぱく質や加工生成食品の過剰なまでの摂取、これにより生理痛を自ら酷く、そして重くしているのだと言います。ですから本来の人間の食生活に戻すことにより、すっきりとした病の寄りつかない身体を保つことが出来るのだとうたっているわけです。では、その本来の食生活とはどういったものなのでしょうか?

食事で気をつけることは、低脂肪で精製や加工をなされていない、植物性食品中心の食事をすること。これにより私達人間の身体は本来の機能を取り戻すということです。ですから冒頭でも書いた通り、ローフードこそが本来の人間の食生活ということになるのですね。

こうした食事をすることにより、ホルモンのバランスが崩れていたものが徐々に本来の形を取り戻していき、それにより子宮筋腫が縮小していった、ということのようです。日本では実践者はそう多くはないようですが、生理痛が酷くて辛いという方は、実践してみる価値があるでしょう。

関連項目
鍼灸で子宮筋腫って小さくなるの?噂の真相をお答えします!
子宮筋腫改善マニュアル、これって安心?本当に効くか知りたい!

閉経後は子宮全摘出が常識?果たしてこれが普通なのか知りたい!

閉経後のことが想像出来る人と出来ない人がいるかと思いますが、それはあなたの年齢ゆえなのでどちらであっても良いと思います。ですが一度どちらの方も想像していただけないでしょうか?あなたが閉経する年齢になった時、子宮から出血しているらしい、月経のように出血をしていたとしたら?矢張り病気だろうかと恐怖しますよね?

恐ろしくなり病院にいくと、医師からは矢張り出血の原因は子宮の病気と言われました。子宮筋腫でした。受診して言われたことは子宮摘出をするよう勧められました。矢張り閉経後だからなのでしょうか?安易に子宮全摘出を勧められているような気がしてどうすればいいのか分からないと前にも後にも動けなくなってしまったと言います。

完全に閉経しても子宮筋腫が出来てしまっていたことにも驚いたようですが、恐らくは閉経前に出来たものが今になって出血し始めたとのことでした。恐ろしいとは思いますが閉経すれば子宮筋腫は徐々に小さくなっていくはずですから、待てばいいのか、とも思い、手術に踏み切れないと言います。

手術を受ける本人も迷いどころではありますが、医師によりこの判断もまちまちなのでセカンドオピニオンを受けられるのも良いでしょう。ただ、閉経してしまった後でしたら、確かに子宮筋腫そのものも縮みはしますが、医師からは閉経してしまって出産予定がないのであれば全摘出してしまうのもいいだろうと、子宮を摘出してしまうことを勧められる率は高くなると思います。

子宮全摘出をしてしまうことで女でなくなるのではないか、そう思い不安になるのかもしれませんが、メリットもありますね。今後子宮の病気にかかることがなくなるということです。子宮がんなどの病気がそうですが、閉経後であろうとなかろうと、こちらはかかりますよね?ですが子宮そのものがなくなってしまえばなりようがないため、リスクがそれで回避できるというのもあり、医師は勧めるという点もあります。

どちらを選ぶかはあなた次第ではありますが、後悔のしない選択をしていただければと思います。

関連項目
良性の子宮筋腫だから大丈夫、そもそも子宮筋腫とは良性のものですよ
子宮筋腫の治療法、超音波から開腹手術まで様々、一体どれがいいの?