子宮筋腫

子宮筋腫手術でレーザー使用、子宮内を切る理由って何?不安です!

今度手術をすると言う方から質問をいただきました。膣式手術による、筋腫摘出手術を行うことに決まったとのことで、この方は医師から、それと同時に子宮内の皮を切り、薄くすると言われたそうです。子宮内の皮を薄くするって、どういうことなのでしょうか?その理由はなんでしょう?必要性は?そもそも子宮の皮とは一体なんなのでしょうか?そういった質問内容でした。では、これは一体何のための手術なのでしょうか?

恐らくこれは子宮内膜が異常なほど分厚くなってしまっているということだろうと思います。そしてそのような異常が子宮内に出来てしまった時、子宮内掻爬術というものを行います。

この子宮内掻爬術を行うということは、子宮内膜が分厚くなってしまい、受精卵の着床が出来ないようになってしまっているということでしょう。出産経験があればこのようなことは起こりませんが、出産経験がないとこのような形で子宮内の皮が分厚くなってしまうのです。

つまりこの施術は妊娠しにくい状態になってしまっている子宮内の掃除をするということが目的になっており、必要性としては不妊治療の一環と考えて貰えればいいでしょう。子宮筋腫も同様に不妊原因であるため、一斉清掃のために必要なことであるため、不安視する必要はないということですね。

関連項目
子宮筋腫と診断されたのですが、未婚の私、妊娠って出来なくなるの?
子宮筋腫と腰痛の関係、自覚症状の一つは酷い腰痛なのです!
子宮筋腫持ちですが自然分娩出来ますか?体験談を聞かせて欲しい

5cmの子宮筋腫がいっぱい!不安なのは分かりますが心配無用!

自分の身体の中に、沢山の腫瘍があります。このように医師から言われてみれば、誰しも不安になるのは当然です。子宮筋腫になってしまったと言われただけでも驚いたと言うのに、それが一つ5cm程度の大きさで、更には複数同じ大きさのものがあります。そう言われてしまえば眩暈すらしてきそうですね。

医師からは温存しておいていいでしょう。まだ平気です。騒ぐような大きさではありませんよと言われたそうですが、実際にこの大きさであっても、数や出来た位置により問題になってしまい、切除。そうした事もありうるため、全くの温存と決まっているわけでもありませんし、切除100%と決まっていることもありません。

ただ、通常であれば子宮筋腫は10cmを越えると切除の話しが出るものであり、5cm程度では切るのではなく、経過観察していきましょうね、と言われるだけに過ぎません。複数あることが問題になったり、出来た位置が問題になったり、それにより摘出する話しが上がるわけです。

因みに経過観察していきましょう、と言うのは、年齢がある程度の年齢であれば、閉経まで持つ可能性も医師は考えているでしょうし、そうでなければあまりぐんぐんと大きくなるようではないならそのまま暫くおいておいたとしても問題はないだろうということでしょう。手術する様な対象のサイズではないなら、特に悪さをするような腫瘍ではないからです。

サイズが5cmで更には複数もあれば確かに不安かもしれませんが、まだ慌てる段階ではありません。恐ろしいと思うのではなく、これは良性の腫瘍なのだから、まだ大きくないし平気だね、そう思える余裕を持てば子宮筋腫は肥大化していくことはありませんよ。子宮筋腫に禁物なのは、多大なストレスですからね。

子宮筋腫と内膜症と診断!私は何をすればいい?出来ることを教えて!

健康診断からも子宮筋腫は分かるものですが、そこで婦人科に通常かかるものですね。ですがその婦人科で「あなたは子宮筋腫の他にも、子宮内膜症も併発しているようです」と言われた場合、どうしたらいいのでしょうか?同時に子宮疾患を二つもわずらってしまうなんて、絶望感も凄まじいものですが、まず何をすべきかどうか、それが頭からぱっと抜け出ていってしまうような気がします。そうですよね、一つの病気でも怖いというのに、二つもかかっていれば尚更でしょう。ですからそんな時、まずこれを「すべきことです」というものを今回は提案させていただきます。

まずは心配をなくすため、子宮筋腫についての知識、そして子宮内膜症についての知識を得てください。人から聞いた知識より、自分で調べた知識の方が安心出来るでしょう。そしてそれでも不安であるならば、セカンドオピニオンを求められてはいかがでしょうか?一つの病院で診断されるより、二つの病院で診断された方が本当にその病であるのかとより納得も出来るでしょうし、もしも診断が違った場合でも、やっぱり違ったんだと納得出来るはずです。

ですがやっぱりどちらも患っている場合はきちんとした対処をすべきです。あなたがもしも既婚者であるならば、旦那様と共にこの病気を学びましょう。家族にも理解を求めることは大変重要なことなのです。どこがどのように痛むか、どのような症状が出ているから、家事がしにくくなるから迷惑をかけるかもしれない、などなど、様々な話しをしておくことは必要です。

知識を家族で得ることにより、使用する薬の影響なども家族に知って貰えます。副作用でイライラしたりして、家族がぐちゃぐちゃになってしまった、などよく聞かれるケースです。ですが事前に知っていただければ随分とどちらもが楽になるはずです。

そして手術まで必要なのかどうか、様子を見る段階なのかどうかなどなど、病院で医師と話す時には、必ず旦那様と一緒に行きましょう。パートナーが知るべきことというものがありますからね。