子宮筋腫

不妊治療中!子宮筋腫がありますが、手術すると妊娠出来ない?

不妊治療中という女性は昨今増えていますが、そうした女性の中でも最も嫌がられているものは女性疾患でしょう。ただ、避けたいとどんなに願って見ても、中々上手くいかないものでもありますね。どうやれば女性疾患にかからずに過ごせるのか、不妊治療を継続中に邪魔だけはされたくない。多くの女性が必死で願っているものです。ですが、そうした不妊治療中にもしも子宮筋腫になってしまったらどうでしょうか?

不妊治療中に子宮の状態を駄目にされるような真似、誰だってされたくありません。ですがそういった子宮の形をいびつにするような筋腫が生まれてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?子宮筋腫を取るべきなのでしょうか?でも、子宮筋腫を取ってしまって妊娠は継続出来るのでしょうか?

むしろ子宮筋腫を抱えていたほうが不妊になりやすくなるため、治療中でしたら早めに取ってしまう方がいいと言われていますね。かといってではようやく子宮に受精卵が着床したのに、と言う場合はどうなのか?ということですが、これも妊娠継続は可能です。何故なら妊娠中は子宮筋腫は大きくなりにくくなっており、出産後の摘出手術であっても可能だからです。

だから決して不妊治療中なのになぜ子宮筋腫を抱えてしまうことになったのか、ただ嘆くだけではなくて、先のことを考えてみましょう。出産後の摘出でも難しくはありませんし、出産前に治療中に出来た場合も摘出すれば自然に妊娠することだって出来ますよ。

関連項目
子宮筋腫と診断されたのですが、未婚の私、妊娠って出来なくなるの?
子宮がん検診で子宮筋腫が判明!腹腔鏡で出来るうちに取るべきですよ

閉経後だからって油断出来ません!大人の女性の本当に知りたいこと!

子宮筋腫というものは、あなたの中の女性ホルモンが正常に分泌され、そしてそれを子宮が受けとり、何故か異常な反応(過敏反応)を起こした子宮筋層に筋腫が生まれるものです。もしくは女性ホルモンがこちらも何故か異常なほど分泌されてしまい、それにより子宮筋層に筋腫が生まれてしまうことなのですが、つまり悪さをしているのは妙な話しではありますが、女性であるがゆえに分泌される、女性ホルモンそのものというわけです。ならばその女性ホルモンが分泌されなければ子宮筋腫は小さくなっていくわけですが、何故かこれが逆になるパターンがある、これをあなたは知っていましたか?

女性ホルモンは二十代から三十代でピークを迎えます。そこから徐々に女性ホルモンの分泌量が減少していき、最終的に閉経するわけです。ですから二十代から三十代がピークという女性ホルモンの分泌量は、そのまま子宮筋腫の発生頻度を示すものでもあったのです。ですがこれが現在、変わってきているのをご存じでしょうか?最近では食生活の欧米化などにより、若い女性の初潮、これが随分と早まってきています。これにより子宮筋腫が出来る年齢も十代から二十代の前半であろうとも、なってしまう方は増えているのです。
(⇒和食こそが子宮筋腫を撲滅する!

けれど女性ホルモンが減少していけば子宮筋腫は縮小していくはず――ということでホルモン剤などを使用して子宮筋腫を維持、閉経まで年齢が年齢なので待てばいいと考えていた方がいたとします。ですが目論見は叶わず、閉経後も何故か子宮筋腫は火台していったのです。何故なのでしょうか?これは例外中の例外なのですが、閉経してしまったとしても、子宮筋腫は本当にごくまれにですが、成長することがあるのです。

子宮筋腫に女性ホルモンを送らなければ成長しないはずなのに、何故か例外で大きくなってしまった場合、更に最悪なことに子宮肉腫になる可能性も秘めているのです。ですから更年期だから、閉経もしたし、などなど、油断は大敵なのですね。閉経後の健診更には検診、検査、大変重要ですよ。受けることをお勧めします。

それは子宮筋腫かも!針で刺される痛みに血の塊、放っておかないで!

生理の時の痛みは人それぞれですね。痛みなんてないまま、生理が始まる日を忘れているとうっかり下着を汚してしまうの、なんて人もいる中、痛みのあまり救急車を呼んで、まさかのまさかで生理痛だった、なんて人もいます。そんな痛みで救急車を呼んでしまった人は、周囲もその時脂汗に塗れて呻く姿を見ていたために、救急車を呼ぶのに納得してはくれたとのことですが、救急隊員の方は納得いかない様子だったんだとか。悲しいですね。

そうして生理時の痛みは様々あることが分かってくると、これくらいならまだ平気かな?もっと酷い人もいるんだから我慢しなくちゃ、なんて思い始めるものですが、実はこれ、中学生や小学生が保健室でそれくらい平気よなんて、保険の先生に言われる台詞でもあるからすりこみに近いとも言えますね。でもこれ、良くないんですよ。

初潮を迎えて最初のころは、そうまで痛く感じなかったものの、気がつけば針で刺されるような痛みに変化していき、時折しゃがみこむまでに。そして更に痛みは変化していくと、鋭利な刃物で突き刺されるような痛みが襲い始めることになりました。身を捩る、たったそれだけの行為で激痛が腹部に襲い掛かり、意識が遠のき、酷い時は倒れてしまう。痛みが過ぎ去ったかと思えば今度は鈍い小さな痛みがずっと続いている。

それでも周囲の人もこんな痛みに耐えているんだ。病気でもないんだから生理くらいで、なんて言う保険の先生に運悪くあたってしまった時代が過去にあるだけで、刷り込みの様に「我慢しなくちゃ」と我慢を繰り返していった少女はとうとう救急車で運ばれてしまいました。そこで言われたのは子宮筋腫。女性特有の丸みを帯びたボディライン出会ったお陰で気がつかなかったそうですが、腹部が膨れ上がり、子宮そのものが腫れあがっているかのように、大きく張り出していたそうです。即座に筋腫を摘出したそうですが、危うく子宮全摘出になるところだったということでした。

学校でそういう心無い言葉を幼い頃に言われた、もしくは親や兄弟に言われた、などなど、様々なところで「生理くらいで大げさな」そんな言葉を投げかけられたからと言って、痛みを我慢する必要はありません。我慢してしまって病の発見が遅れてしまい、手遅れになるほうが余程問題ですよ。

関連項目
生理の出血量が多い、救急車で搬送、子宮筋腫であることが分かった!
おりものに生理でもないのに血が!子宮筋腫かもしれませんよ!