子宮筋腫を予防するには

子宮筋腫って気をつけていてもなるの?予防するにはどうすればいい?

子宮筋腫があっても、手術を直ぐにさあしましょう!とならないのは当然ですが知っていますよね?実は婦人科で「あなたには子宮筋腫がありますね」と診断された方の、およそ20%の方しか手術まで進まないと言われています。何故ならば、基本的に子宮筋腫は良性の腫瘍であり、日常生活困難ではない限り、そのままにするのが当たり前だからです。ただし、サイズが10cmを越えてしまい、13cm、17cm、このままでは子宮全摘出しなければならない!なんてサイズは筋腫どころか子宮を半分または全摘出しなければならない可能性もありますので、取らないなんて発想を医師が持つこといは有り得ません。

ではそうした直ぐに手術をしない子宮筋腫ですが、直ぐに手術をしないと分かっていても病気は病気、怖いものです。いつどうなるか分からないし肉腫の可能性も全くないとは言い切れません。となると、これをどうにか予防したいと思うのは当然でしょう。しかし、残念ではありますが、現状、子宮筋腫を出来ない様に予防する方法というものは確立されておりません。何をすれば出来ない!という確約がないのです。

今現在分かっていることは、あなたがストレスなく生活を送れること、血液の循環を正常な値で保てていること、身体を冷やさないことなどなど……様々言われていることがあります。

つまり子宮筋腫になってしまいやすい人は、一日中寒いところでオフィスワークをしている人、立ち仕事の人は子宮筋腫が出来やすい、ということですね。座りっぱなし、立ちっぱなしなど、血液の循環が滞りやすい仕事をしている人はよくないのです。更にはストレスもよくないので十分睡眠を取って、休日は気分転換をして楽しく過ごすなど、気をつけることは山ほどあります。