子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチンって知ってる?子宮筋腫も今後に希望

子宮筋腫にもこんなものが欲しい!ということで、今回は同じ臓器でも、別の病気に開発された予防ワクチンについてご紹介させていただきます。

子宮筋腫には予防方法は基本的に存在しないのですが、なりやすい方はということで、統計学で見て、下半身を冷やしている人、ストレス過多な生活を送っている人、運動をしない人などはなりやすいと言うことから、これらの逆のことをしていけばなりにくい――つまり予防できるだろう!と言われていますね。ですが特効薬のようなものや予防のためのワクチン開発は今のところなされていません。子供のはしかの予防接種みたいに、予防のワクチンがあればいいのに……そう思った方は多いはず。実はごく最近のことですが、子宮頸がんにそうした予防ワクチンが生まれたのです。

子宮頸がんというと、最近では性低年齢化が進み、十代の女性もなるようになったがんですが、これは男性との性交渉で、ウイルスをうつされることでなるがんです。つまりは性交渉をしなければならないがんとも言えるわけです。

ヒトパピローマウイルスというウイルスを感染することで発症するがんですが、その他の皮膚、粘膜との直接的な触れあいでも感染するため、完全に防ぐ方法は今までありませんでした。基本的に感染したら即発病するものではありませんが、10%の確率で発病するとも言われており、感染率は高くはないとはいえ、がんですから定期的な子宮がん検診を行って欲しいところ。

この開発されたワクチンは、自由診療のもので、まだ一般的に知られているとは言えないものです。ですが子宮頸がんを予防すべく、まだ性交渉をしたことのない方へ必ず投与していただきたいワクチンと言えるでしょう。

けれど決して性交渉をした方が受けてはいけないワクチンということはありません。むしろ今後性交渉をする予定の方は必ず受けるべきと言えます。何故なら、ワクチンを接種して、4年から6年の間が予防効果がある期間と言われているからです。

子宮頸がんが予防出来る様になったということは大変素晴らしいことだと思います。医療技術の向上というものは日々進歩を続けているのでしょう。今後、子宮筋腫もこのような形で予防が出来る様になれば嬉しいものです。