子宮筋腫の定期健診

歯医者と同じ、定期的な婦人科受診&検診こそが一番の予防法だった!

歯医者へ一年から半年に一度、定期的に受診して虫歯が出来てしまっていないか見て貰う、なんて人は多いでしょう。それと同様に健康診断を総合病院で受けられる方も多いのではないかと思います。職場で健康診断を一年に一回受けると決まっている方は大変良いことだと思います。健康診断を受ける機会が中々ないと言う方はこれを機会に受けるようにしてみてはいかがでしょうか?

何故健康診断を受ける勧めさせていただいているか、ですが、子宮筋腫は生活習慣などによって起きてしまう病気ではありません。動物性たんぱく質を摂ることでなりやすくなる、という程度のものであり、これを摂取することをやめればならないと決まっているわけでも、これを断てば安心というわけでもありません。ですからこれこれを気をつけて予防できるという、具体的なものがないといっても過言ではないでしょう。

子宮筋腫とは子宮の筋層の中に、女性ホルモンなどが過剰に反応を起こしてしまうことで、芽が発芽してなる病気です。その芽を育てるのは、同じく女性ホルモン、そしてなりやすくなると言われている食物を摂る事。更には冷え、ストレスのたまる生活などを続けることでぐんぐんと成長していくものです。

この発芽してしまった芽は、最初のころは症状がほぼないため、気がつかないことが多く、多くの方は知らぬまま生活していき、気がつけば育ってしまい、症状が出始めてそれが初めて露見するのです。

ですから子宮筋腫にとってもっとも大切なことは、症状の少ない初期の段階で治療をすることが重要になってきます。つまり、定期的に婦人科で女性疾患の健診を受けたり、健康診断により全身の健診を受けたりすること、これにより早期発見することこそが大切になってくるのです。

定期的な健診を受けて早期発見、早期治療、これをすることこそが一番確実な子宮筋腫の予防方法なのです。

関連項目
女性ホルモン増加サプリって、摂取で子宮筋腫になりやすいって本当?
子宮筋腫って気をつけていてもなるの?予防するにはどうすればいい?