子宮筋腫 入院準備

子宮筋腫の手術を受ける、入院準備、何を用意すべき?必須が知りたい

いざ子宮筋腫の手術を受けますとなると、今度は初めての手術だから何を用意すればいいのか分からない、なんて人もいるようです。それこそ歯医者さんで受けるような日帰り手術なんてものは子宮筋腫の摘出手術にあるわけもありませんし、内視鏡で日帰り手術が可能なところも確かにあるにはありますが、全ての病院がそれにあてはまるわけではありませんから無理を押しつけるわけにもいかず、大人しく入院期間を申しつけられた分だけ入院していくことになるでしょう。

入院期間の間、何が必要なのでしょうか?実際に子宮筋腫で手術をしたことのある方からアンケートをして答えていただきました。何を準備していくと役に立つのか。参考になると思いますので是非真似してみてください。

衣服で言うのであればショール。これは便利ですよとのこと。何故なら袖を通さずとも羽織るだけで良いため楽ちんなのだそうです。パジャマ姿よりはショールを一枚羽織っているだけで何となく身ぎれいに見えませんか?

歩けるうちにベッド脇の冷蔵庫の中にペットボトルを買って入れておきましょう。それに使うためのペットボトル専用ストロー。これが大変重宝するようです。夜中にふたをあけてぱっとストローで飲める。歩きまわるのが暫く辛いため、大変便利だったということですよ。

そして病院ですから空調は常に回っています。ですがそうなりますと喉が乾燥してくるものですが、開腹手術だった場合、大変なことになりますね。喉が乾燥、そしてせき込む、お腹の傷がぱっくりあいてしまうかもしれません。そうならないようにペットボトルのストローも重宝したそうですが、紙マスクのウェットタイプもこれまた重宝したとのこと。そしてそれと共にのど飴も良いでしょう。喉をうるおします。

そしてこれが以外ですが入院時、病院から書くように、読むようになどと言われ渡される書類があります。これらを纏めるのにクリアファイルは便利ですよ。

その他は病院から用意するよう言われているものも沢山あるはずです。用意すべきと言われたものは用意し、役立ちそうなものもそこに追加して、入院のための準備を終えましょう。

関連項目
子宮筋腫の宣告を受けた!手術と入院、足してどれくらいかかる?
子宮筋腫の手術代は開腹手術で20万!?高額医療費申請したらいいのに