子宮全摘出のメリット・デメリット

子宮全摘出はしたけれど卵巣は残すべき?残すメリットデメリット

子宮筋腫が15cmであったことから即手術を言い渡されてしまっている方からの質問を受けました。こちらの方は即手術と言われ、子宮全摘出が決まってしまっているとのことでした。卵巣も片方が腫れあがってしまっていて、機能していないとのことで、もう片方は残せるけれどこちらは摘出が決定。不正出血と腰痛、腫れた卵巣の方の足がしびれるという症状に悩まされているそうです。

これだけ酷い症状だと手術までの時間もそう長く取れないでしょうが、卵巣を一つ残すか残さないかで悩んでいるようです。これをどうするか決められないと、手術の時にとりあえずで残す形になりそうだということなのですが……では、果たしてこの場合残した卵巣にどのような価値があるのでしょうか?残すべきなのか、残さないべきなのか、これについて調べてみましょう。

子宮を取ってしまえば、卵巣が一つ残っていたとしても繋がる臓器そのものがありません。そんな卵巣はどこから栄養を貰い、どうやって機能していくのか気になるところですが、基本的に子宮が無くなってしまっても、これは機能します。ただし、矢張り子宮が無いことで臓器として活動しなくなっていく可能性も否定できません。そうなってしまうと更年期障害を引き起こしたりと少々気になる症状に悩まされることになりそうです。

けれどその前に、子宮がない卵巣というものは、がん化する確率が非常に高いため、一つだけ残してしまっても、足に痺れをきたしているような卵巣と、似たような症状を発するものになってしまう可能性があるのです。ですから取ることでも更年期障害を引き起こす可能性もありますし、機能しなくなって更年期障害を引き起こす可能性もあります。ですが取ることでがんになる臓器が一つ減る、これによるリスク回避は嬉しいものでもあります。危険因子が一つ減るのは大変重要なことだと言えるからです。