子宮筋腫の手術時間

手術時間はどれくらい?子宮筋腫の初めての手術を乗り越えたい!

子宮筋腫の手術を受ける人は、子宮筋腫であることを医師から告げられた人のうち、20%ほどであると言われています。その20%にもしもなってしまったとしたら、あなたはどうしますか?

手術なんて一生のうちに何度も受ける人と言うのは少ないものですが、受けることになったら詳しいことが知りたいものです。子宮筋腫の手術内容は幾つか選べるとして、実際に手術時間はどれくらいかかるのか、どんな内容なのか、詳しく知りたいものですね。

腹腔鏡手術の場合、入院期間は手術日を含めて一週間。そして手術時間は二時間に及ぶものとのこと。ただしこれは熟練した医師のみに言えることで、その倍くらいはかかるものが一般的だとのことです。長くとも5時間以内ということでしょうね。

この場合は前日入院を前提に書きます。――前日に下剤を投与されてたまったものを出すよう言われます。そして前日は昼間でしか食事をとってはいけません。当日手術を迎えるまで絶食をすること。二食抜くわけですね。勿論水分も駄目ですよ。

当日浣腸をして更にお腹の中を綺麗にします。長くかかるので便意が急に襲ってきても困るからこのようなことを行います。そしてシャワーを浴びて綺麗にすると、血栓予防のための圧迫ストッキングというものをはきますが、これは大変きついため、一人ではけない可能性もあります。手術にもしも付き添いの方が来ている場合は、助けて貰うといいでしょう。

これが終わるといよいよ手術ですね。手術室まで行きます。心電図、血圧計、そしてマスクで呼吸を助けます。手術台の上で全身麻酔を打たれてしまえば後は終わるまで意識はほぼないような状況でしょう。無事終わることを祈るだけですね。

このような形で子宮筋腫の手術は行われます。今回は腹腔鏡手術を受けられた方のお話を聞いて、それを元にまとめたものでしたが、開腹手術なども同じように行うとのことです。手術そのものが終わってしまって自宅療養が済めば、もうあとは一気によくなるものです。

ストッキングやら下剤やらが「うっ」と思われるかもしれませんが、どの病気で手術をしても似たようなことをしますので別段変わったことでもありません。一時的なものなので受け入れてしまえば後は早いものですよ。