子宮筋腫のオススメ治療

子宮筋腫の治療法、超音波から開腹手術まで様々、一体どれがいいの?

子宮筋腫の治療方法、どんなものがあるのでしょうか?手術方法も治療方法も沢山あるはずですが、小さな婦人科だとあまりありません。開腹手術オンリーですよと言われ、手術を迷っています。他にどんな手術法や治療法があるのか、知らずに治療を開始してしまっていいのか分からずにいます。実際にどのような手術法、治療法があるのでしょうか?

ホルモン療法。これは手術の前準備としても利用されるものであり、注射薬と点鼻薬の2種類があります。切らずに出来る治療ですが、限度がありますので要注意。

開腹手術、これはどのような形の筋腫にも対応出来る手術であるため良いとされていますが、術後の癒着を考えると不妊になる原因にもなるため、考えものでもあります。

腹腔鏡下手術、これは開腹手術のように大きく切開するものではなく、お腹の目立たない位置に小さな穴をあけて、そこから内視鏡を入れて筋腫を砕いて取り出す手術です。メスを極力入れない手術でもありますが、設備がなければ出来ないものであるため、開腹手術程病院側に気軽さはありません。

子宮鏡下手術。これはもっとお子宮への負担が少ないものであり、子宮鏡に電気メスがついた機械を使い、子宮口から筋腫部分だけの切除をおこなうものです。そのまま日帰り手術出来る場合もあるお手軽手術でもあります。膣式手術、これは子宮全体を摘出する手術。そしてここまでが高額医療控除の受けられるものでしたが、ここからは最新手術ですので控除が受けることが出来ません。

子宮動脈塞栓術(UAE)これはがんであっても子宮に出来た筋腫であっても同じなのですが、栄養が不足すれば育ちません。ということで血液の流れを手前で止めてしまい、栄養供給を途絶えさせ、死滅させる方法を摂ります。ですのでカテーテルを入れるだけの穴を血管にあけるだけの小さな傷で済むのが利点。

集束超音波治療(FUS)肌へ一切の傷をつけることなく超音波で筋腫のみを潰してしまう手術になります。完全に日帰りで手術出来るため、時間がなくてお金が余っている方向けの手術と言えますね。

さて、こうして様々な方法があることが分かったわけですが、こうしたものが全て選ぶことが出来るのは大きな病院だけでしょう。子宮筋腫の摘出までに時間の余裕があるならば、そのまま新たな病院を探してこの手術を受けたいと希望を述べてみてもいいでしょう。

関連項目
子宮筋腫の治療って、手術と薬物療法にのみ保険適用?皆の知りたい事
子宮筋腫の検査方法とその費用について知りたい!目安はどのくらい?