子宮筋腫は集中できない

集中できない!病院にいって調べてみたら子宮筋腫!どういうこと!?

前はこんなミスしなかったのに……ちょっとしたうっかりが普段から増えてきたという方、おりませんか?実はこれ、子宮筋腫が原因かもしれません。常にいらいらとして見える。常に注意力散漫で辛そうに見える。そういった方は結構な人数いるかと思いますが、あなたはどうでしょうか?今回はこんなケースのご紹介になります。

ミスが続いていたある女性がいました。この方はあまりにも様々なことに集中できない。私生活でも存外、様々なところに危険が潜んでいるものですが、集中力が切れているような状態で何かをやると、怪我をしますよね?何度も怪我をして、いい加減これはおかしい。危機感と共にそう感じたとのことです。その方は仕事もしていらしたのですが、仕事場でも「最近どうかしたの?ミスが多くなってきたよ?」そう心配されてしまう始末。これでは困ってしまいますよね。不安に感じても仕方ありません。

そこで総合病院で診て貰うことになったそうです。「恐らくどこか悪くなったのに違いない」そう思ったからですね。これは大変賢明な判断だと思います。そして実際に検査を繰り返していくと、最初は総合内科でしたが、気がつけば婦人科に居たそうです。婦人科?疑問に感じるかもしれませんが、実はこの婦人科で子宮筋腫が見つかったのです。

子宮筋腫――それも見つかった当時のサイズはその時点で10cmを越えていたそうです。直ぐにも手術の日程がたてられ、摘出になったそうなのですが、手術から一カ月後、医師から仕事に復帰してよしの言葉を貰い、仕事に戻ったそうですが、注意力散漫だったのが集中力も戻り、ミスも全くなくなったそうです。

これには驚いたとのことですが、実際このようなことは子宮筋腫でなくともあります。腫瘍が内臓の中に出来てしまったため、ちくちくとした痛みがあり、中々仕事に集中できなくなった。このような方は多いのです。ですが少しずつ痛みが生まれるため、分からない。そして症状もそれにより変わりますが、子宮筋腫の場合、月経が酷くなったり、出血量が増えたりもしますので、確かに仕事に集中は難しくなるかもしれません。そのため筋腫摘出により、集中力がもどったのでしょう。

注意力が散漫ですよ、仕事に集中していますか?最近よく言われるようになったというあなた、一度総合病院で症状を訴えてみてはいかがでしょうか?子宮筋腫でなくとも、何か病気が見つかるかもしれませんよ。
(⇒胃が張る?胃では無くて子宮筋腫かもしれません!