排便時の痛み

排便時にズキン!痛みに飛び上がるそれ、痔じゃなくて子宮筋腫かも!

子宮筋腫を持っていると言われた方でこのサイズならば一年に一度の受診で暫く様子見にしましょう、そう言われるのは珍しくないとはいえ、あまりにも無症状過ぎる場合は一年も先のこととなると忘れてしまいがちです。実際に二年くらいたってから次は見せて貰えばいいかな?なんて医師から言われた方もいるそうですが、四年くらいたってから、症状が出てからそう言えば子宮筋腫があるって言われていたっけ、なんて思い出す方だっているとのこと。あまりにも遠い予定は忘れてしまうものですよね。

腰痛や腹部のつっぱり、そんな一見すれば別の病気と思いがちな症状が出るくらいで、子宮筋腫と分かりやすい症状――出血や、生理が重いなど、そういった症状でなければ中々思い出さないものです。他の病気かなと思って病院にいって検査をしてみて子宮筋腫だったことを思い出す症状の中にこんなものがありました。排便、排尿時の痛みです。

排便時、子宮のあたりからお尻の穴にかけて、ずきーんと激痛が走ることがあります。痔なのかと思って病院に恥ずかしがりながら行くと、直ぐにも婦人科に回されてしまい、何で?と考えていた所、子宮筋腫がだいぶん大きくなっていますね、なんて言われるわけです。

けれど逆の場合もあります。子宮筋腫なんじゃないか、逆にそう早合点してしまうことで目が曇ってしまうこともあるのでご注意ください。排便痛は子宮筋腫だけに起こるものではないものです。痔もそうですが、同じく子宮で子宮内膜症でもひどい排便痛がします。

一番いいのは総合病院などの大きな病院にいくことでしょう。そこで今現在の症状を訴えることで、すっきりと痛みの原因が理解出来、また治療もスムーズにいくことと思いますよ。

関連項目
お腹が張る?子宮筋腫だと気が付いた時には10cm超えに成長していた!